2015年07月13日

【iHerb】ルイボスティー&たんぽぽドリンク、リピはどちらに…?

浮腫みと眼圧カリウム摂取対策で、日常の飲み物として試していたルイボスとたんぽぽ。

どんな食べ物にもマッチして、毎日飲みたいなと思うのはルイボスティーでした。ほんとに美味しくて(^-^)


目下の目的である利尿作用はダンディブレンド(粉末のたんぽぽ飲料)のほうが実感あり!Traditional Medicinalsのオーガニック。ティーバッグと比べてしまうと味がイマイチで、リピは考えていなかったのですが、飲み慣れるとダンディブレンドも悪くないなーって思いましてね。


利尿効果 ルイボス<たんぽぽ
カリウム ルイボス<たんぽぽ
抗酸化  ルイボス>たんぽぽ
ミネラル ルイボス>たんぽぽ
味    ルイボス>たんぽぽ
手軽さ  ルイボス<たんぽぽ

ステロイド服用も2か月を超えて、副作用の細胞浮腫が強くなってきました。この時期まで浮腫を抑えられたことを思えばダンディ、でも嗜好品として美味しい物を飲みたい…。どちらをリピートしようかと悩ましかったです(笑)。そんなに水分ばっかりとれませんしねー^^;

しかし!

ルイボスにダンディを少し混ぜる

という合わせ技を思いついてしまいました(^m^)お味も違和感なく、利尿もカリウムも…ダンディが粉末だからこそできた欲張りMIX!結局両方リピ決定でーす。ルイボスはティーバッグよりお得な茶葉タイプ、ダンディも大容量にしちゃいました♪


posted by そこホリ管理人 at 04:04| 飲み物・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

「副腎疲労と炎症はセットで考えたほうがいい」という記事から。

「全ての疾患は炎症に強く影響を受けています」。この一文がすごく気になったのでメモ。



プレドニン錠(ステロイド)の減量が進んで少量の枠に突入し、そろそろ離脱症状を緩和する方法を…と調べています。薬の服用で自前の副腎が働かなくなっているから起きるものなので、副腎さんを徐々に強化していけばいいのかなと(^-^)

副腎疲労ってトレンドワードみたいなことになってるんでしょうか、副腎-機能-強化で検索するより情報豊富ですねー。みんな疲れているのだな(笑)。

副腎疲労によい物・コトを取り入れれば強化できますからね。アドレナル・ファティーグ、基本的な知識として時間があるときに読んでおきたいです。副腎という小さな臓器は生命維持、つまりは「いのちの営み」の臓器であるような印象を受けます。ステロイド離脱という特殊な状況のみならず、加齢や健やかさなどにも関わり深いので良い勉強になりそうです☆



ビタミンCは副腎の代謝機能には不可欠のビタミンです。実際、副腎疲労の状態になってコルチゾールの生産と分泌能力が低下している人にはビタミンCの欠乏状態に陥っている人が少なくありません。 (中略) 副腎機能がかなり低下している場合は、朝一番で1,000mg〜2,000mgを摂ってしまうと、コルチゾールの分泌が抑えられてしまうため、お勧め出来ません。そういった場合は、夕方以降にしっかりビタミンCを補給してあげると良いでしょう。 出典:Think Health

よかった〜、クエン酸からビタミンCに変えていて♪ビタミンCって調べるほどに重要、ビタミンC神話もうなずけます。
posted by そこホリ管理人 at 02:59| ステロイド剤対策備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

必要なら現象化・物質化する(1)

手抜き&お気楽ホリスティックケアのブログには少々重いかな、と思いまして掻い摘んで記事にします(^-^)

ひょんなことでノンデュアリティ(非二元)というものを知って、いえ、正確には名称違えど同様のものは知っていたのですが完全には理解していなかった、

この現実世界は自分が創造している

という宇宙のことわり、この世の真理、物資化の仕組みにぐいぐい引き込まれました。昔々に読んだ、かの有名な自己啓発本・「思考は現実化する」ってビミョーに違うんじゃん (。-_-。) とか、スピリチュアル系の方々は言葉選びが下手なんだな(言葉の世界に居ないから仕方ないのですが)、なーんて思ったりしながら自分なりに、自分の体験と照らし合わせて解釈を進めていきました。

また手術を…という状況を迎えて、望んでないことが続くのはなぜ?とうんざりしていた頃のことで、「現実だと思っているこの世界は自作自演のハイクオリティな幻想だ」が真実だとしたら…と考えていったら、いろんなことが腑に落ちてすっきりしてしまったのです。おかげで嘘みたいに軽い気分で手術してきました(^-^)

その間、さまざまな現実化があったんですよ~。

冒頭のブログでノンデュアリティを知って、まだあまり多くはないですが関連動画や他のブログも読み漁り、そこからいくつかの本を知って。いま本を読むのは大変なんですが、飛ばし飛ばしでもいいから読みたい!もっと知りたい!と思いました。

アマゾンで買えば翌日には届くし、探さないで済むのに、なんとなくブックオフに立ち寄りました。人気小説じゃあるまいし、古書店で見つかる確率は低いジャンルですが、

ありました。
買えといわんばかりに(笑)。

お目当ての本と、そのそばには私のために置いてあったとしか思えない本がありました。怒りや悲しみのエネルギーをどう転換すればいいか、本当に、半年以上ずっと知りたくて求めていたコンテンツ。しかも半額で(笑)。

しばらくして、また読みたい本が増えました。5冊くらい書いている著者さんですが失礼ながらすごく著名な方でもなく、出版社もマイナーで最近の本でもありません。一般書店でも取り寄せ確実、これこそアマゾンで中古を探すのが順当だろうと思いつつ、なぜかまた近所の古書店へ足が向きました。

ありました。
買えといわんばかりに(笑)。

ブックオフのような大型店でもない、棚一段にも満たない精神世界コーナーに3冊も!たまたま、まとめて手放した方がいたのでしょうが…。

本だけではありません。一番の心配事だった、お金のこともなんとかなっちゃいました。術後1〜2週間は仕事なんてムリだと前回の手術で分かっていました。しかも、今回はよく見えないほうの目だけで過ごさなければならず、それとは別にプレドニンの副作用もあります。資金繰りどうしたらいいのっ!という状況だったのですが、援助してくれる方が現れて簡単に解決してしまいました。もちろん返さなければなりませんが安心して療養できます、感謝してもしきれないです。


という具合に、あれ…?あれれ…?と現実化していきました。長くなったので続きは次回に(^_^)/
posted by そこホリ管理人 at 05:19| ちょいスピ・シンクロニシティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス