2015年07月09日

ひまし油湿布で腎臓ケアしたら思わぬ効果が。

ステロイド剤の副作用だと思いますが土偶のように目が腫れる(というか開かない・笑)ことがあります。手足はそうでもなく目だけが腫れるのは、中医学ですと腎臓病の出方らしいと知って、ひまし油で腎臓ケアしてみました。

M2680001.JPG


今回もキッチンペーパーを重ねた手抜き湿布です、方法はこちらからどうぞ♪腎臓ピンポイントということで背中側の腎臓位置だけに湿布して、温めながら小一時間うつぶせでごろごろ。キッチンペーパーは体の幅にちょうどよくて便利です(^-^)

ステロイドで体の機能がレベルダウンしてるうえに、ステロイドによる副産物的なものを排泄しなければならないわけで腎臓さんヘトヘトなんだろうな…(;_;)と思ってのことでしたが、またも主旨からズレた意外な効果が。


…軽い?クリア?なにこれ!


瞑想したかのようなスッキリ感、初めての感覚でした(←きっとこんな感じなのだろうなという想像です、瞑想したことないので笑)。静寂っていうのでしょうか、頭もココロも澄み渡って清々しかったです。眠っていないし、寝起きの気持ちよさとも別物で「軽い」、「まっさら」という感覚でした。ひまし油湿布は老廃物の排泄、免疫系に働きかけると言われていますが、前回の怒り浮上然り、初挑戦で特筆すべき現象がなかったことも然り、私の場合は肉体よりも感情デトックス効果が顕著みたいです。

あまりに気持ちよかったので、手抜き湿布で三日続けました(^-^)腎臓さんが楽になったかは不明ですが、これを境に、間違いなく心境が変化したように思います。思い煩って手放せなかったいろいろがどうでもよくなって、軽やかになり、それに呼応するようにして現実も変化してきています♪

posted by そこホリ管理人 at 01:01| ひまし油・植物バター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする