2016年02月03日

【ステロイド対策】筋力低下対策のプロテイン、便秘に注意です!

プロテインを飲み始めて半月時点でのレポ、その2です。腸内環境の悪化言及してるサイトがたくさんあるので書かなくていいかなといましたが、一応(^-^)

お通じのすっきり感がイマイチ

これは事実ですね、様子がぜんぜん違う。あまりリアリティがあっても…と思いますが、粘度が高くなるようでスルっとまいりません(笑)。快腸のそこホリでも感じるので、もともと便秘傾向の女子は少し辛いかも。

タンパク質は悪玉菌の餌、プロテインを飲むと悪玉菌が増えて腸内環境が悪くなる。という仕組みです。反対におなかが緩くなる人もいるかもしれません。


でも、知っていれば対策できますよね!

善玉菌を増やす食事を摂る

プロテインに含まれているたんぱく質が悪玉菌を増やすことになるなら、善玉菌を増やしてバランスをとるしかありません。

善玉菌を増やすために最も大事なものは何か?実はビフィズス菌が含まれているヨーグルトや乳酸菌飲料は善玉菌を補給することができるのです。 だから朝食にヨーグルトを食べると非常に効率が良いそうです。


他にはキムチ、納豆、味噌、チーズなども良いとされています。どれも健康に良いイメージがある食べ物ばかりですね。

特に納豆は、これにもたんぱく質が豊富に含まれているので筋トレ好きの朝食としてはベターですよね。 ちなみに僕はいつも納豆と生卵をぶっかけたご飯と、プレーンヨーグルトを食べるようにしています。 出典:マッチョ道



納豆TKG!( *´艸`)


納豆玉子かけごはん、マッチョさんと一緒だわ〜(笑)。毎日ではないけど何故かすごく食べたくて、夕食が遅くなったときや小腹が減ったときによく食べてます(ズボラなだけか)。発酵食品がいいってことですね!



そして、食物繊維!



食物繊維とは難消化性(人間の消化管では消化されないか、ほとんど消化されない)の炭水化物で、健康増進だけでなく、筋肉づくりにも重要な働きを持つ。 (中略) プロテインに食物繊維を添加すると、たんぱく質の消化・吸収が遅くなる。したがってアミノ酸が血中により長時間にわたって持続的に送り込まれるようになる。また、食物繊維には摂取した食品の吸収を助ける働きもある。つまり、消化速度が遅くなることにより、摂取したたんぱく質がより十分に吸収されるようになるのだ。 出典:プロテイン完全ガイド



書いてあるほど腸内環境が悪化していないのは、毎日1杯フレッシュジュース。リンゴの繊維質はすごいです。これもよかったみたいです。おまけにタンパク質がゆっくり吸収されるメリットがあったなんて、ラッキー!


食べ物ってほんとうに大事ですね。おなかが張るのって結構ストレス、続けられなくなってしまいます。ご参考になれば幸いです(^-^)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
初めてiHerbの方は割引クーポン使えます♪ >>> SHR314

iHerbリピーターは活用すべし! >>> 週替わりスペシャルセール 

3段階のテストを経た品質保証 >>> iHerbのハウスブランド
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by そこホリ管理人 at 22:40| ステロイド剤対策備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信頼できないって寂しいことですね。

いい人ぶるわけじゃありませんが、そこホリはわりと他人を疑わないタイプでした。よほど明らかに怪しければ別ですが、まあそんなにヒドイ人はいないでしょ♪って。特に自分のまわりには、そう思っていました。

でも、そこホリブログ初期にたまらず書いていた色んな出来事を経て、ひどい人って普通にいるんだなってわかりました。

「ひどい」はあくまでそこホリ基準ですから、2割くらいの人は「そうかしら?」って思うかもしれない。価値観に差がありすぎるが正しい言い方かもしれません。

公私ともに親しく長い付き合いで、全幅の信頼をよせていたヒーラーさんすらも、信頼しすぎてはいけなかったのだと最近になって思い知りました。だって、知ってたと言うんだもの、憑いていたことを。

一人で抱えて怯えていたとき、安否確認もかねていつも電話に付き合ってくれました。心から心配してくれてるのが分かったし、本当に救われたしありがたかったです。でも視えていて、毎晩のように話してて

どして?(・_・)

呆気にとられて何も聞けませんでした。

怒りを感じるでもなく、彼女のせいにしたいのでもなく、恨んでもいないし、もちろん嫌いにもなっていません。ただ、なぜ教えてくれなかったのか意味がわかりませんでした。専門外の病院や食事療法の話なんかより、憑いてるよ!って一言教えてくれたらどれだけよかったか。

そこホリの様子を見かねて、霊能者を紹介しようか?と言った友人がいました。が、原因はそんなことじゃないと思っていましたし、「もしそこまで最悪な事態なら彼女が教えてくれるはず、大丈夫よ」と答えるくらいの信頼関係はできていました。勘違いだったのだろうか、って思いました。

学びのプロセスを侵してはならない、という禁忌があるからかもしれませんが、生きることを諦めそうだったのを間近でみていても禁忌なんでしょうかね。私だったら見るに堪えなくて、そんな禁忌にかまっていられないな。余計なお世話だったとしても、健康と笑顔が戻るなら教えたと思います。

それで大切な友人の一人だ、また会えて嬉しいなどと言われても、やはり白けてしまう。本当にそう思ってくれてるのは確かで、偽りない気持ちとわかるのですが寒々しさがぬぐえなくて。こんなに好転したので、もっと初期に気づいて剥がしていたら不自由にならなかったかもしれないと思ってしまったり(そこホリ、ちっせー)。

信用はするけど、信頼はできない。

価値観が大幅にずれていたと分かって、前と同じように信頼できなくなった自分が少し寂しいです。もしまた会うことがあればはっきり聞いてみようと思いますがね(^-^)


愚痴を書いてしまいましたー、ちょっとすっきりしました(^^)/ 「私なら」も立派な比較。これを手放せたら、いろんなことが悲しくないのかもしれないですね☆

ひどい人ばかりだ…と気持ちのやり場に困ったときに読んだ、「好き嫌い万歳!」という記事をリンクしておきます。嫌いでオッケー、ただどんなに嫌いでも命が危うい時だけは手を差し伸べる。そこホリもまったく同じ価値観です、人間でいたいですから☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
初めてiHerbの方は割引クーポン使えます♪ >>> SHR314

iHerbリピーターは活用すべし! >>> 週替わりスペシャルセール 

3段階のテストを経た品質保証 >>> iHerbのハウスブランド
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

posted by そこホリ管理人 at 22:25| ちょいスピ・シンクロニシティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ステロイド対策】副作用の筋力低下をフォロー、プロテイン中間レポ編。

こんにちは、胸がすっかり洗濯板で悲しいそこホリです (。-_-。) プロテインを飲み始めて半月くらい経ちましたのでレポします。

飲んでいた量はだいたい推奨量50〜70%くらいでしょうか。重いというか、満腹感があるので推奨量は飲めなかったです(笑)。

が、外食のときもなるべくチキンを頼んだり、自宅でもチーズを使うなど、食事でも動物性たんぱく質を意識して摂り始めたのでトータルではOKかな♪どちらかというと筋肉の質に働く植物性たんぱく質は、今そんなに必要なさそうですが納豆もよく食べています(好きなだけですw)。

摂取のタイミングは生活サイクルの関係で夕食後から寝る前がほとんど。コーヒーやルイボスティを2〜3杯は飲むのでミルク代わりにちょうどよかったです(^-^)プロテインを入れすぎると溶けにくいので適当な量×回数でカバー。水分もとれて、これまたちょうどいい感じ。



さてレポです。

プロテインを飲もうと思った頃は「筋力なくなったわー」というよりも、血管や組織が痛かった。腕を下げると血管がチリチリしたり、もちろん体を動かすのもだるくて。マズイかも…と思ったのは店のシャッターが岩みたいに重くて上がらなかったとき。慢性疲労のように体全部がずしーっと重たくて、地面に埋まりそうな感じでした。

ん?少し身軽??

絶好調とはいきませんが、幾分か軽い感じ。あと、プロテインと関係あるかわからないけれど、久しくなかった筋肉痛を感じたんです。10sくらいの荷を持つ、立ちっぱなし勤務、いつもと変わらないのに脇やふくらはぎに心地よい疲労感が。

タンパク質、頑張ってるのかな?とりあえずプロテイン1瓶、続けてみようと思います(^-^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
初めてiHerbの方は割引クーポン使えます♪ >>> SHR314

iHerbリピーターは活用すべし! >>> 週替わりスペシャルセール 

3段階のテストを経た品質保証 >>> iHerbのハウスブランド
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by そこホリ管理人 at 20:09| ステロイド剤対策備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス