2016年10月27日

病気や症状は身体からのメッセージ。

バカはなんとやら、骨折や盲腸炎くらいで病気らしい病気をしたことがなかったそこホリ。でも一度だけ、「身体は心を守るナイトなのだ」という体験をしました。

鬱やPTSDなど心の病気がカジュアルになる前で、スピリチュアルもまだオカルト扱いでごく一部の人だけのもの、とても肩身が狭かったのを覚えています。このときもまた原因不明であちこちたらいまわし、最終的には出社もできなくなり精神科まで行かされました(笑)。

でも、このときの出会いが素晴らしかった。

一人めは「そこホリさん、会社休職して好きなことやれば?しばらく手当ももらるんだし、別に困らないじゃないアハハ!( ´ ▽ ` )ノ」とのたまう、超ライトな心療内科医。

会社休むなんて悪!くらいに思ってたバリキャリでしたから、この人なに言っちゃってるの…?と思いました。が、明らかに体はおかしいし家にいても暇で、好きだった手芸を始めてみたんですね。

そのころ、今でいうヒーラーを紹介してくれた人がいました。不思議な人がいるから行ってみて!と。ひと通り体(エネルギー)を視て、わかる言葉で説明してくれました。

「自分に生きる価値なんてない。潜在意識がそう思ってるから、身体も栄養吸収しなくていいんだなーって思っちゃってるんですよ^^」。

なんの知識もない、当時のそこホリには衝撃の仕組みでした。が、食べたものが消化されない形で出てきてしまう。それなのに腹痛がまったくない。まさに、ただ食物が通り抜けているだでした。おまけに眠くもならない。納得するしかありませんでした。

心が壊れかけていることを、身体が先に壊れて知らせてくれていたんですね。

心の仰せのままに。
心がそう望むのなら。
心が助けを求めているから。
心が壊れる前に知らせねば。
心を守らなければ。

身を挺して、という言葉がそのまま当てはまるような気がして、忠誠を尽くす騎士のような捨て身さに涙が出ました。ちゃんと動いてるのが当たり前で、いままで気づかなくてごめんなさい!って。



さて、仕組みは理解したものの、そんな状態では外出できるわけもなく、手芸作品がどんどん溜まっていきました。落札専用だったヤフオクに出してみたら売れちゃったんですね。

気づいたら体も普通になっていて、退職願を出して 起業に向かっていました(笑)。


好きなことをやれ、適当でいいと教えてくれた心療内科医。体からのメッセージを読み解いてくれたヒーラー。このお二人のおかげで、

心と体はつながってるんだ!

と知ることができました。そうして、「気分が楽しいかどうか」が最重要事項で、好きに生きるそこホリができあがりました。

ま、今現在もぶどう膜炎をやらかしているなど、まだまだ転んだりしていますがね(笑)。


心やエネルギーは目に見えません。物質界にいる私たちにそれを知らせるには、現象で見せるしか方法がないのです。ですから病気やケガ、モノが壊れたり、あらゆる不自然な現象には必ずメッセージが含まれていると思ってます(^-^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
モノコト交換しませんか♪ そこホリのあったらうれしい物リスト☆

初めてiHerbの方は割引クーポン使えます♪ >>> SHR314

iHerbリピーターは活用すべし! >>> 週替わりスペシャルセール 

3段階のテストを経た品質保証 >>> iHerbのハウスブランド
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
続きを読む
posted by そこホリ管理人 at 03:53| 感じたことや調べたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

目玉とコミュニケーションしてみた。-後編-

前編からの続きです。2度もこんな状態にしてまで、目が訴えたいことはなんなのかが知りたかった。

相談ってしてみるもんですねー。アロママさんのアフターカウンセリングは、そこホリが想像もしていなかった内容でした。

今回発作に至ったと思われる一件はざっくりいうと対人関係、テーマは2年前と同じです。違うのはキャストの質でした。

2年前は「何かあってもしょうがない」感じのキャストでした。頑張ってる君を手伝いたい!と口では言いながら、便乗して儲けたい、褒められたい、有名になりたい…みたいな。冷静だったら言葉の裏を見抜けていたでしょうが、そこホリも未熟でした。

が、今回は私欲がない、少なくとも同じ場所を見つめている人たち。街が盛り上がれば利益はあとからついてくるよね!みたいなすがすがしさ、それぞれ自立していて協力も惜しまない。ようやく仲間と呼べる配役が揃って、先の展開にわくわくしていました。

なのに、なぜ目が?

ことの発端は予定していた街フェスです。告知や下準備を始めていたところ、突如として1か月延期。運営側が後手後手だったのでこの判断は正しい、こんなこともあるよねーと。

でもなぜか、大変信頼している方が「そこホリちゃんがどうしても延期したくないと言っている。打ち合わせも呼んでくれないしカヤの外だ。」など突然言い出しました。メールをもらった相手が困惑して、そこホリに相談しにくるレベルの虚言です。

昨日まで「間に合うのかなー、運営の人からちっとも連絡来ないよね」と一緒に憂いていた人が、です。どんな空間移動をしたのかというくらい謎発言(笑)。

関係者みんなが戸惑ってトーンダウン、そこホリは事実無根の独善者扱い。その2日後、目が見えなくなってしまいました。

誰から見ても虚言ですが、「見えない」という現象として体に現れたことには意味がある。

また、見る目がなかったんだ。
あんたの勝手のせいだ的な見せしめ。
無理な変更で失敗を見たくない。
この誰も楽しくない状況を見たくない。

など原因を考えていたのですが、アロママさんの見方はこうでした。


「そこホリさんが仕切っちゃったらどうですかー?」

えっ(・_・?)


アロママさんはむすっとした藍色のアボカドの登場でピンときていたご様子でした。藍色は眉間の第六チャクラの色、もちろん目とも関係がある。ビジョンと創造の第六チャクラが機嫌を損ねているようだと。

俺ぁ、ちーとも楽しくねーぞ。
図面こさえたのにまた出番なしかぃ。
気づくまでフテ寝してやらぁ! ←なんとなくオッサン調で


擬人化するとこんな感じでしょうか(笑)。

いっそのこと、アボカドが楽しくなるように仕切っちゃえば?というアドバイスでしたが、街フェスなんて規模が大きすぎる、店の営業もある、目はこうだし…と思考していたら、見透かしたように、

指示だけすればいいじゃない?
目が見えないのを言い訳にして(*^^*)

アロママさん、なかなか豪胆だなと思いましたが(笑)、その理由はとても明確で目から鱗が落ちました。


「そこホリさんは、ああなってこうなってこんな感じで…ってビジョンがハッキリ見えるでしょ。誰でもそう見えるもんだと思ってない?」

「はい、多少の差はあっても。」

「ビジョンが見えるのは限られた人だけなんですよー。ほとんどの人には見えない、特殊なの(笑)。」

「えっΣ(゚Д゚)そうなんですか?そういうこと…?そっち…だとは…」 ←あれもこれもぐるぐる

「見えてない人たちはどうしたらいいかが分からない。だから仕切っちゃえばいいんですよ、選ばれし者の特殊能力くらいに思って(爆笑)。」


言われてみれば、スムーズに進んで大成功したのは分担せず、トップダウンで進めた企画だけ。いつもそこホリさんだけが得をする、とか言われて腹も立ったけど、全員の要望聞いてたら支離滅裂になるだけなのよー。独力だなんて思ってない、そう伝わらないなら一緒にできないね、という話。

指図されるのって嫌だろうな。これも勝手な思い込みだったようです。指示待ち多数なんだ〜。

今回のモヤモヤも2年前のことも、見たくないじゃなくて見たいものじゃないだったみたい。むしろ、見えてるのになぜやらない?だったのかも。魂の目が見てるビジョンを現実化しないと、リアル眼球が見えなくなっちゃうのか(笑)。ああ、とにかくすっきり。


セッションを終えて。

なんとなくだけど、たぶん眉間チャクラが冴えてるタイプで、それを使いこなして創造していかないと目に不具合が出てくる感じなのかもしれない。今までいろんな人に現実化に長けているって言われてきたのも、ビジョンに関係があるのでしょうね。

半盲みたいになってるのは、見なくていいものまで見えすぎるからでもある。目玉が見ている現実の面倒なことより、脳内ビジョンのほうに集中するためじゃないかなーというお話でした。目につくとやっちゃう性質ですしね、指示だけでいい!という体験をするにも、見えすぎは邪魔なのです。

アロママさんは、スピリチュアルすぎない楽しい方でした。あったかいですね。ブログには視えないって書いてありましたが、感じる系の方だと思います(^-^) お互いうまく言葉にならなくて電話口で笑っちゃったのですが、ハートのところではしっかりと理解しました。ありがとうございました!

よーし、アボカドもみんなも楽しくなる方向にシフトチェンジしちゃおう♪

画像がまぶしすぎてよく見えません。ただの長文ですみません( ´ ▽ ` )ノ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
モノコト交換しませんか♪ そこホリのあったらうれしい物リスト☆

初めてiHerbの方は割引クーポン使えます♪ >>> SHR314

iHerbリピーターは活用すべし! >>> 週替わりスペシャルセール 

3段階のテストを経た品質保証 >>> iHerbのハウスブランド
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



posted by そこホリ管理人 at 21:53| ちょいスピ・シンクロニシティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目玉とコミュニケーションしてみた。-前編-

漢方を始めてから益々いい感じに戻ってきていたはずの体が、いきなり暴走しました。

み、見えない…(=_=)

「これでもう上がることは、まずありませんよ^^」と術後に医師が断言した眼圧が急上昇。漢方の先生も「炎症物質があらかた出ていきましたね」と太鼓判だったのに、炎症も爆発

2年かけてここまで持ち直したのに、奈落の底だった失明クライシス1STシーズンに逆戻り。

再発です…。

思い当たるトリガーはただ1つ、数日前の不条理な出来事。体自体は順調でしたので、感情や神経に起因しているとしか考えられません。ぶどう膜炎を発症することとなった2年前も、裏切りや失望など大きな不条理がありました。

そう、症状も経緯も完璧にリピートなのです。追体験といったりもしますが。奇しくも来週でジャスト2年。

なんの学びだっつーのよ。
同じ轍を踏むものか!
でもさっぱり意味がわからない。
悪化したら完全に全盲だし!

ここでカタをつけなければならないと感じて、「目 スピリチュアル」で検索してみたものの。

見たくないものがある

という、わかりきったことにしかヒットしません。それ、2年前にさんざん掘り下げましたので。楽しいムードで進んでいての、配役も全く異なる形での再体験ということは、別にまだ何かあるわけです。

たまたまヒットしたセラピールーム・アロママさんのブログの、「心と体からのメッセージを紐解く」というキャッチフレーズにピンときて、たまたま次の日だけ予約が空いていたので即・電話!アロママさんのオデコがきれいだったこともpointでした(笑)。

たまたまはとても大事なので繰り返してみました(笑)。

視野混濁で外出が厳しい状態なので、電話OKのボディ・リーディングを申し込みました。

そして当日。

アロママさんのナビゲートで、温度や色形など患部(症状)のエネルギーを感じていきます。結局生霊祓いになったヒプノセラピーのときもそうでしたが、実はこういうのがとても不得手^^;「△△…かな?」みたいな感じで答えていきました。

長いのでまとめますと、そのエネルギーは

ごつごつ固くて
トゲのような突起がある
藍色のアボカド的ななにか

でした。藍色のアボカドって我ながらうける(笑)。

どんな表情をしていますか〜?と聞かれて感じたのは、たぶんこんな顔でした。

( ̄へ ̄)

むーっと口を固く結んだ、不機嫌そうなおっさん?気に入らないことがあって腕組みしている、昔気質の職人みたいなイメージです。

半覚醒くらいの状態ではっきりは覚えていませんが、この「への字さん」と対話し、ヒーリングもして、どんな状態に変わったかを再チェック。

真っ先に感じたのは重さがなくなったこと。アボカドみたいなずっしり感はなくて、質感もカサカサさらさら砂っぽい。色もオイスターホワイトみたいな明るいグレーに変化していました。そう!軽石によく似た感じ!

(∂‿∂*)

トイ・ストーリーみたいなパチクリ顔をした、角が取れた軽石でした(笑)。これで一旦リーディングは終わり、アロママさんのまとめカウンセリングに入っていきました。

後編へつづく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
モノコト交換しませんか♪ そこホリのあったらうれしい物リスト☆

初めてiHerbの方は割引クーポン使えます♪ >>> SHR314

iHerbリピーターは活用すべし! >>> 週替わりスペシャルセール 

3段階のテストを経た品質保証 >>> iHerbのハウスブランド
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


posted by そこホリ管理人 at 18:18| ちょいスピ・シンクロニシティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする