2014年11月26日

肌荒れ用、混ぜるだけ簡単クリーム。

ヨーグルトパックでまさかの肌荒れ、その続きです。

ヤロウ・ウォーターでざらざら・ひりひりをひたすら鎮静したあとに使うため、消炎とリカバリー(瘢痕形成や再生)によい精油でクリームづくり。簡単にクリームを作るにはこれ!固くない、そのまま塗れるやわらかシアバター、本当に便利です。



いつものごとく、クリーム容器に適当にこのシアバターを入れて精油を追加するだけ。ガラス棒でくるくるよくこねると、撹拌効果でふわっと肌すべりのよいクリームが出来上がり。精油の分量はトータルの1%が推奨されていますが、私はもうちょっと多めです。肌荒れですから負担をかけないよう調整してくださいね(^-^)

<シアバターに追加したもの>

フランキンセンス/ヘリクリサムどちらか
ラベンダー
ローズウッド/サンダルウッド/パチュリ
オーガニックマカダミアナッツオイル

こんなにたくさん!?いえいえ、全部でなくても大丈夫です。

リカバリーのフランキンセンス
消炎のラベンダー

この2点だけでも肌荒れ用になります。フランキンセンスがなければ、やはりリカバリーのヘリクリサムでもOK。3段目の精油は皮膚を柔軟にするので、おうちにあったらどれか1つ入れたいところ。4段目のキャリアオイルは、炎症を起こしている肌にはゆるいテクスチャのほうが負担にならないと思って入れただけですのでお好みです。ホホバでもなんでも、使い慣れた肌に合うものでよいでしょう♪擦らず。そっと押すようにして塗布します。

このクリーム、実は肌荒れ専用っていうことでもありません。アンチエイジングにもよい成分を含んだ精油が揃っていますので、普段用にもおすすめです(^-^)

使用したフロリハナの精油は他社と比べて香り立ちがやさしい、フェイシャルに使いやすいなと思ってます。フランキンセンスやヘリクリサムは美容以外でも多目的に使えるので、常備品としておすすめです☆


posted by そこホリ管理人 at 04:43| スポットケアのレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする