2014年12月18日

さっそく眼圧対策と脱マーガリン。

精油では眼圧を下げる適当なスタッフが見つからなかったため、経口でフォローできるものはないかとハーブを調べました。

アイブライト(ゴゴメクサ)

目のサポートハーブ。ドライアイにも。このハーブを使うと目が綺麗になると言われていることから、この名がついたハーブです。眼圧の調整作用に優れ、重度の疲れ目や充血、結膜炎、アレルギー性充血など、目の症状に幅広く利用されます。欧米では、縁緑内障の治療に役立てられています。  出典:ハーブショップてんぐ


正確にはこごめ草だと思います。ユーフラシアといってホメオパシーでも使われています。眼圧調整にもよいとは知らなかった!


イチョウ(ギンコ)Ginkgo Ginkgo biloba

循環器系を強壮するハーブとして知られており、血液の流れをよくします。脳の血行不良による諸症状、認知症やアルツハイマー症の予防、耳なりなどによい作用があります。血行がよくなることで酸素がからだのすみずみまで行き渡り、肩こりや腰痛、関節炎にも効果があがります。腎臓の血液循環もよくなりますので、腎不全などにも使われています。また、眼圧を下げるときにも用います。血液をサラサラにするハーブと言われていますので、抗血液凝固剤を摂取しているときは使わないようにしましょう。  出典:ノラコーポレーション


巷では認知症対策で服用する人のほうが主流のようですね。循環と眼圧、腎臓と目も関係あるのでこれはいけるかもしれません。男性のレビューでしょうか、鼻血が出たというので気を付けなければ(笑)。


さすがiHerb、どちらも日本で購入する半額くらいで見つかりました♪アイブライトのチンクチャーは1640円、ギンコのカプセルは激安800円台です!三日坊主タイプのため、錠剤やサプリメント類が続かないのですが試してみます(^-^)





そして、脱マーガリン。


体のメンテナンスをしてもらっている人から、「マーガリンはあんまよくないよ〜ん」と聞いて、でも「そこホリ」なものですから、むしゃむしゃ食べるわけじゃないしとあまり気にしていませんでした。朝のトーストにうっすら塗るだけ、食事もほとんど油を使いません(洗うのが嫌だから・笑)。このくらいなら自浄作用でなんとかなるんじゃないかなと思って。トランス脂肪酸は脳梗塞や心臓病のリスクを高めるとされて、世界的に規制が強まっているというのは知っていましたが。


以前、ひまし油のヘキサンフリーについて調べていて、こんな記事を目にしました。


安い原材料をできるだけ早い時間で製品化することに腐心するメーカーの食用油は、多量の化学物質を用いて抽出され、高温にさらされ、この過程で一部トランス脂肪酸に変異します。  出典:晴耕雨書 農楽里日記/危険な油5


溶媒を使っている、という主旨の記述です。こちらのサイトの「危険な油と良い油」のシリーズは勉強になります、ご関心あればぜひ(^-^)


相変わらずマーガリンも食用油も普通のものを使っていて、代わりになるものが手近で見つかるなら変えてもいいけど?とは思ってました。お菓子は作らないし、焼き魚や中華(ごま油)が好きなもので、朝のトーストさえ美味しく食べられれば!というだけなんですよね。ふと、私とは雲泥の差がある素敵オーガニック生活な方のブログを拝見した時(笑)、料理にナッツのバターを使っていると書いてあったのを思い出し、iHerbにオーダーするついでに見てみました。


…そうか、どうせパンだけなのだから。


そう思って、砂糖が入っていないシンプルなピーナッツバターを注文。甘みが欲しいときは生はちみつを足せばよいですし、中華やエスニックなお料理なら使えそう(^-^)もののついでに、ピーナッツより風味が軽くて普通の料理に使えそうな(といっても肉をやくくらいです^^;)オイルはないかと、ココナッツオイルも頼んでみました。いろいろ見たけれど、寒くても固まらないで使えそうなのがこちらだったのでお試し。


お値段は一般的な食用油の数倍しますが、今回よく考えたら「あまり油が減らない家」ではあるので、美味しいなら続けてもいいなと思っています♪





前回とは別のココアやはちみつもオーダーしました、今回は食品が多め。届いたらまたレビューします☆





posted by そこホリ管理人 at 00:42| iHerb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス