2014年12月26日

iHerbで注文した、Nutivaのココナッツオイルが美味しすぎる。

M2810004.JPG

Nutivaオーガニックココナッツ・マンナ、さっそくマーガリンの代わりにトーストに塗っています。

おいしいー!(*´Д`)

しつこさのない、ほんのりとした甘い香り。ココナッツの香ばしさでパンが一層美味しく感じられます。はちみつをちょっぴり乗せたら、もう言うことなしで幸せ気分です!固いから製氷皿でキューブにしている、とレビューされているココナッツオイルもありましたが、ココナッツ・マンナスプーンで削れるくらいの固さで使いやすいです。削ってパラパラっと熱いトーストにかければ、すぐに溶けます。

香ばしい香りはココアによく合いそうです。コクと深みが増しそうですので飲み物に入れるのはアリだと思いました(あとでやってみよう)。オイルなのに、そのままパクっと食べても美味しいんです。これってすごいですね。

初ココナッツですので他社比較はできませんが、ずっとNutivaでいい!というくらい気に入りました。このくらいの香りなら、和食以外の料理にも使えそうに思います。香りがない、精製したものを料理用に買おうかと思いましたが必要ないかもしれません。

コスパもいいと思います。香りがよくて満足感があるので、トーストならティースプーン1杯くらいで十分です。これだけ大きな瓶で1300円程度、マーガリンより安上がりかも。手に塗ってみたら、これまたいい感じです(^-^)さらっとしてココアバターにちょっと似ている感じでした。ナチュラルピューレなのでざらっとしている気もしますが、スキンケアにも使えちゃいます♪

ミランダ・カー道端ジェシカ愛用でちょっとしたブームのココナッツオイル。それにはやっぱり根拠があります。ココナッツオイルといえば、中鎖脂肪酸とラウリン酸。中鎖脂肪酸は分解が早いから、さっさとエネルギーになって脂肪になりにくいという特徴があります。腸の運動も活発にするのでデトックス効果も見込めます。そして、母乳にも含まれるラウリン酸は免疫力アップ…など、美味しいものは体が喜ぶ食べ物でもあるんですね♪

「そこホリ」は、内臓が元気ならオール・オッケーという考えです。肌も自然ときれいになるし、おかしな脂肪もつかない。たぶん疲れにくくもなると思います。だからといってビーガンになる気はナシ、美味しくて幸せ!と思えるものをできる範囲でとりいれます(^-^)



ココナッツオイルの健康効果!


1. コレステロール値を下げる
ココナッツオイルには飽和脂肪酸のラウリン酸が多く含まれていて、そのラウリン酸は善玉コレステロールを増やします。


2. 免疫力をあげ、強い体を作る
抗菌、抗ウィルス作用があるそうです。さらにカンジダ症、真菌も退治するとか。また、ある種の癌や、アルツハイマー病の予防や改善にもなると言われています。


3. 甲状腺機能を健康に保つ
首の全面にある甲状腺から分泌されるホルモンには、新陳代謝を活発にし、エネルギーを作り出したり、成長に関与したり、心臓、腸の働きを強くしたり、自律神経を整えたり、などという作用があります。つまり甲状腺は「元気の源」になる臓器なのです。その臓器を健康に保つなんて素敵じゃないですか!


4. 高い抗酸化作用があり、若さを保つ!
若さを保つ…永遠のテーマです。


5. 保湿力がありビタミンEを多く含む
赤ちゃんからお年寄りまで、どんな人の肌にも使用できます。


6. ダイエットに効果あり!
ココナッツオイルに含まれている脂肪が体内で消化されると、カロリーが燃焼されやすくなったり、代謝があがったりするそうです。約大さじ2杯のココナッツオイルを毎日12週間摂取した女性は、お腹周りの脂肪がおちたという報告もあります!お腹周りの脂肪ってなかなか落ちないのよねぇ…  出典:ライフバンクーバー


こちらもどうぞ(^-^)

話題のココナッツオイルには違いがあった!体に良いのは?

ココナッツオイルの効能・効果を薬剤師が徹底解説!



posted by そこホリ管理人 at 00:15| 飲み物・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする