2015年05月20日

【iHerb】喉の痛みにヤロウのチンクチャー。

アイブライト以来、Eclectic Instituteのハーブ・チンクチャーにハマっております。この手の物は液体のほうが肉体にダイレクトだと聞いたのと、飲用に点眼にコスメに、ズボラなそこホリには使い勝手が合っているみたいです。

最近購入したのはこちら。今日は真ん中のヤロウをご紹介しますね。

M3010001.JPG

ヤロウはフロリハナのハイドロゾルを化粧水に使ってから、好きなハーブになりました。甘苦い、いかにも葉っぱ!な感じの独特の香りですが、消炎や収斂効果を感じていて、トラブったとき用に冷蔵庫に入ってます(^-^)抗炎症なら目のために飲んでみたいなーと思って、アルコール抽出のチンクチャーをiHerbでオーダー

これがですね、別の使い方を発見してしまいました(笑)。

ある日のこと。喉がひりひりイガイガして、風邪もらったかしら?な不快感。ステロイド服用で免疫が落ちているので、風邪も大ごとになってしまうタイミングです。まずいなーと思ったときにピコン♪と頭に浮かんだのがヤロウ・チンクチャー。

最初に飲んだ時、辛くて薬臭くて、ヨードチンキルゴールみたいな味だな(*_*)と思ったんです。アイブライトは飲み物の邪魔にならない程度でしたが、ヤロウはヤロウが勝ってしまうレベル(笑)。

これを思い出して、スポイト直で喉にぽたぽた落としてみました(舌の先に触れると辛いので喉の奥のほう直!で上手にね)。

翌日イガイガなし。効いた!?

あとから調べたらインフルエンザ対策にも、という記述もありました。原液はハードル高いかもしれないので、うがいに使ってみてはいかがでしょう♪Eclectic Instituteのチンクチャーは服用できる商品ですので、もし飲みこんでも安心です。お味は…まあ、お薬と思ってください(笑)。


ヤロウ

体外に毒素を排除させて風邪や膀胱炎などの症状を緩和

古くからすぐれた止血作用をもつことで知られ、利用されてきました。 ギリシャ神話に登場する英雄アキレアも、負傷した兵士の傷の手当てにこれを使用。学名のAcbillea(アキレア)は、その英雄の名前に由来したといわれています。ヤロウティーを熱くして飲むと、発汗を促して毒素を体外に排出させるので、熱を伴う風邪やせき、咽頭炎といった感染症を緩和するのに役立ちます。利尿作用もあるため、膀胱炎など泌尿器系の感染症にも有効に働きます。また、ホルモン様作用をもつ成分ステロールが、月経サイクルを正常化するのにも役立ちます。

効能:収れん、杭炎症、抗痙攣、発汗、利尿、殺菌、血管拡張、ホルモン様




風邪は喉からくるタイプのそこホリ。もう、何年もお世話になっているのはプロポリス・スプレーです。もらったかなと思ったらシュッとスプレー、これだけでウソみたいに風邪知らず・薬要らずでした。


ストックがなくなったら、iHerbでいつもハチミツを買っているY.S.エコビーファームでプロポリス・スプレーを注文してみるつもりです(^_^)/お値段は約半分、お財布にも優しい♪



posted by そこホリ管理人 at 20:50| iHerb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする