2015年05月28日

【暫定メモ】活性酸素除去に行きついた。

唐突ですが。原因不明の眼病を引き起こしたのは、

活性酸素かもしれない。

と思い至りました。
利尿作用を調べていたらルテインに繋がって、活性酸素というワードに行きついて。アンチエイジング、フリーラジカル、酸化、錆び、生活習慣病の原因…、よく知っていたけれど目に関係あるとは思っていなかったダークホースです。ルテインと、それを効率的に運ぶビルベリー摂取開始!


水晶体が濁る原因を調べていたら、これも酸化。こんな記事を見つけました、眼科専門誌に掲載された研究です。

ブドウ種子プロアントシアニジンによって,酸化障害誘導性アポトーシスや活性酸素発生が抑制され,ヒト水晶体上皮細胞における酸化障害が減少したということです。このとき,炎症に関与する分子であるNF-кB/p65の活性化とトランスロケーションの抑制も認められています。以上のデータから,ブドウ種子由来プロアントシアニジンによるヒト水晶体上皮細胞での抗酸化作用が示唆され,白内障予防効果が推察されます。 出典:医学博士 蒲原聖可ブログ

炎症分子も抑制とは期待大!プロアントシアニジンが含まれるグレープシードも追加(^m^)アントシアニンとは違うのでご注意を。


ステロイドの蓄積を調べていて、仕事を終えたステロイドが酸化LDL(過酸化脂質)に変わること、過酸化脂質は細胞の中で新たに活性酸素やフリーラジカルを作り、更なる過酸化脂質を発生させることも分かりました。またも活性酸素。抗酸化(予防ケア)では追いつかない勢いです(笑)。いっそ取り除くものはないのかと調べて…
ついに、細胞内に発生した活性酸素を分解する酵素・スーパーオキシドディスムターゼ (Superoxide dismutase)  SODにたどり着きました\(^o^)/タイトルからして「そこそこホリスティック」なものですから、SODなんて知らなかった〜(笑)。こうなったらついでに、SOD様作用があるらしいルイボスティーも追加!



ということで結論、

ルテイン
ビルベリー
グレープシード
SOD
ルイボスティー

で、徹底的に活性酸素除去に挑みます( ´ ▽ ` )ノ 頑張らず、適度な期待で楽しみながらストレス溜めず、ステロイドデトックス対策とブルーライト&紫外線カットの三本柱で☆

なんとか踏ん張ってくれている片目を救いたい(^-^)


posted by そこホリ管理人 at 00:48| 感じたことや調べたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする