2015年06月11日

【iHerb】ポートトレーディング、ピュア・ルイボスティー。

Port Trading Co.のピュア・ルイボスティー、届いてから毎日飲んでいます。もともと冷たい物を飲む習慣がないので、煮出すことが苦にならないというのもありますが…

美味しいから(^-^)

M3220002.JPG


かわいいパッケージですよね〜(そこ?笑)。シルバーのパックが2つ入っていて、ティーバッグは紐がない麦茶タイプです。ハーブ系は煮出して飲むので、いつも紐をちぎって鍋に放り込んでいました。私はこのほうが嬉しいです。

見た目は紅いお茶で、味を例えるなら…

発酵が浅い、クセのないプーアル茶。

香りはありますが紅茶のような華やかな芳香とは異なります。滋味ありそうなやさしい風味で、プーアル茶から発酵臭や渋みを取ったらこんな感じかなと思いました。かといって「薄っ!」とがっかりするものではまったくなく、ちゃーんと香りも甘みもあります。

コーヒー、紅茶、中国茶、緑茶…。複雑な渋みやエグみ、気付け効果、ある種の刺激があるからこそ魅力的とされてきた嗜好品です。一服というように、本来は水のように飲むものではないんですよね。現代でいうならカフェインで気合い入る!交感神経働く!みたいな。そういった刺激に慣れていると、しばらくはルイボスティーの風味が分からないかもですね(^-^)

成分的に穏やかなのは風味にも表れていて、和洋中、パン、スイーツ、何とでも違和感なくマッチしてしまいます。

どんな食事ともケンカしない

これは結構すごいことだと思いますよ〜(*^-^*)いくら体にいいと言っても、単品でしか飲めないような味だったら、飲むことが儀式になっちゃって面倒になります(それがプラセボになることもあるかもしれませんが)。御飯を食べながら、ぼーっとしながら、ながら飲みできることは継続の重要ポイントではないでしょうか♪

我が家は鍋にティバッグを1つか2つ入れて(気分)、沸騰してから5分くらい弱火で煮出して魔法瓶にティバッグごと移しています。煎じたほうが活性酸素除去に効果的らしいので、茶葉を入れっぱなしでも渋くならないのが有難いです〜。だいたい1リットルです☆




ルイボスティーを飲んだことはあったと思います、が、忘れています(笑)。意識して買ったのはこれが最初で、他社比較はしていませんのであしからず(^m^)ルイボスティーの抗酸化作用・SOD様効果、ミネラルなど詳しいことは後日まとめます♪



ながら飲みじゃない時間も楽しみます。カップ一杯に2パックで濃〜く煮出して、ルイボス豆乳ミルクティ(^-^)

M3260001.JPG


posted by そこホリ管理人 at 10:32| iHerb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス