2015年07月09日

必要なら現象化・物質化する(1)

手抜き&お気楽ホリスティックケアのブログには少々重いかな、と思いまして掻い摘んで記事にします(^-^)

ひょんなことでノンデュアリティ(非二元)というものを知って、いえ、正確には名称違えど同様のものは知っていたのですが完全には理解していなかった、

この現実世界は自分が創造している

という宇宙のことわり、この世の真理、物資化の仕組みにぐいぐい引き込まれました。昔々に読んだ、かの有名な自己啓発本・「思考は現実化する」ってビミョーに違うんじゃん (。-_-。) とか、スピリチュアル系の方々は言葉選びが下手なんだな(言葉の世界に居ないから仕方ないのですが)、なーんて思ったりしながら自分なりに、自分の体験と照らし合わせて解釈を進めていきました。

また手術を…という状況を迎えて、望んでないことが続くのはなぜ?とうんざりしていた頃のことで、「現実だと思っているこの世界は自作自演のハイクオリティな幻想だ」が真実だとしたら…と考えていったら、いろんなことが腑に落ちてすっきりしてしまったのです。おかげで嘘みたいに軽い気分で手術してきました(^-^)

その間、さまざまな現実化があったんですよ~。

冒頭のブログでノンデュアリティを知って、まだあまり多くはないですが関連動画や他のブログも読み漁り、そこからいくつかの本を知って。いま本を読むのは大変なんですが、飛ばし飛ばしでもいいから読みたい!もっと知りたい!と思いました。

アマゾンで買えば翌日には届くし、探さないで済むのに、なんとなくブックオフに立ち寄りました。人気小説じゃあるまいし、古書店で見つかる確率は低いジャンルですが、

ありました。
買えといわんばかりに(笑)。

お目当ての本と、そのそばには私のために置いてあったとしか思えない本がありました。怒りや悲しみのエネルギーをどう転換すればいいか、本当に、半年以上ずっと知りたくて求めていたコンテンツ。しかも半額で(笑)。

しばらくして、また読みたい本が増えました。5冊くらい書いている著者さんですが失礼ながらすごく著名な方でもなく、出版社もマイナーで最近の本でもありません。一般書店でも取り寄せ確実、これこそアマゾンで中古を探すのが順当だろうと思いつつ、なぜかまた近所の古書店へ足が向きました。

ありました。
買えといわんばかりに(笑)。

ブックオフのような大型店でもない、棚一段にも満たない精神世界コーナーに3冊も!たまたま、まとめて手放した方がいたのでしょうが…。

本だけではありません。一番の心配事だった、お金のこともなんとかなっちゃいました。術後1〜2週間は仕事なんてムリだと前回の手術で分かっていました。しかも、今回はよく見えないほうの目だけで過ごさなければならず、それとは別にプレドニンの副作用もあります。資金繰りどうしたらいいのっ!という状況だったのですが、援助してくれる方が現れて簡単に解決してしまいました。もちろん返さなければなりませんが安心して療養できます、感謝してもしきれないです。


という具合に、あれ…?あれれ…?と現実化していきました。長くなったので続きは次回に(^_^)/
posted by そこホリ管理人 at 05:19| ちょいスピ・シンクロニシティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする