2015年08月22日

〚ステロイド対策〛筋力低下や筋肉痛に効いたと思うものーアミノ酸編。

プレドニンの副作用の中でしんどかったのは、ずばり筋肉。ということでいくつか記事を書こうと思います。

スポーツといえば体育の授業のみ(さかのぼりすぎ・笑)、ジム通いもしたことがないのに何故か細マッチョ。代謝がいいのもやはり筋肉量がそこそこあったからだと思われます。これを筋肉質といってよいのか分かりませんが、そこホリを構成しているのはほぼ筋肉でした。だからキツかったのかな〜なんて思っております。

それは突然やってきました。

いつものように道を歩いていると、なんだか太ももがだるい。太ももの前側に力が入らないというか、どーんと重くて上がらないのです。何かおかしいと思いながらも歩いていると、太もものスジとお尻に引き攣れるような痛みが出てきました。攣れてうまく動かないので近所の接骨院を訪れますと、筋肉疲労とのこと(関節じゃなくてよかった)。確かに店は立ち仕事だけど筋肉疲労を起こすほど長時間ではありません。

副作用の筋力低下ってこれか…、と自覚したのはそのときでした。

毎日ではなかったけれど、太もも〜臀部は負担が大きいみたいで結構痛みがありました。次第に腕を上げるのも辛くなって、飲み始めたのがアミノ酸です。実物はこちら。



とても参考になった記事をご紹介します。

私たちの筋肉は黄紋筋(意思で動かせる)と平滑筋(意思で動かせない)に分かれています。ステロイドは主に黄紋筋の代謝に働きかけます。また、肝臓で糖を合成する(糖の代謝)ための血中のアミノ酸が不足すると、筋肉組織のタンパク質を分解し、アミノ酸に変えて血液中に放出させます。その結果、筋力低下を起こすこともあります。

ステロイドミオパチー(上下肢近位筋の筋肉痛や脱力が有る。)も、この辺りに関わっているのでは無いかと個人的には考えています。実際、CK値が正常値範囲内に治まってからでも、徐々に筋肉が削がれ脱力感が増していくのを日々感じていたことが有ります。では、どうやって筋肉が削がれていくのを防げばいいのか。

早く言えば「血中のアミノ酸」が不足しなければ良いのでは無いのか? と言う単純おバカな考えでアミノ酸を服用してみました。 出典:多発性筋炎(アミノ酸の効果?)


医学的根拠はないご様子ですが、筋肉のタンパク質を分解する→筋力低下、アミノ酸が足りていれば分解する必要がない、という仮説は頷けまして私も飲んでみよう!と思いました。飲んでみた結果、

だいぶん楽〜(´ー`)

数値で測れるものではないので体感でしかありません。でもね、引き攣れの頻度も、だるくて仕方がない日も減りました。もちろん接骨院で教わったストレッチも取り入れて、ですが(^-^)

Source Naturals, Amino Athlete, 1000 mg, 100錠 は1日の上限が4錠、仕事に行く前と寝る前に2錠ずつ服用しています。スポーツ科学?的には負荷がかかる前と睡眠前が、アミノ酸の効率よい摂り方らしいです。他の製品の場合もご参考ください☆

posted by そこホリ管理人 at 00:57| ステロイド剤対策備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス