2016年01月16日

【ステロイド対策】副作用の筋力低下をフォロー、プロテイン注文編。


飲み続けても目の疾患自体が治るわけではないので、「やめさせてもらった」感じのプレドニン。服用開始から約半年、量は1/2錠まで減っていましたが倦怠感や生理不順があって、しつこく毎回、やめたいアピールをしました(笑)。

飲まなくなって3か月ほどになりますが、年末の忙しさがまだ響いているのか、このところ疲労感がひどいのです。体がだるくて起きたくない、お布団でゴロゴロしたい気分がぬぐえなくて。おかしいなーって考えていてハッと思い浮かんだのはプレドニンでした。

副作用に筋力低下があったっけ!

タンパク質を分解してしまうために起きる筋力の低下。そういえば夏も筋肉がしんどかった、筋肉って腕や脚だけじゃないわよね…と思い至りました。例えば胃袋も筋肉のかたまりだし、心臓もそうです。血管も筋肉でできているようです。経口プレドニンはステロイドの全身投与ですから、

見えないところも筋力低下!?

なのだと思います。たくさん寝ても取れない疲れ、ずぶ濡れの服を着ているような重ーいだるさ浮腫み。筋肉がヘタレてると仮定すると全部合点がいきます。以前に比べてあまり食べなくなったのも、内臓に負担がかかることを無意識に避けていたのかも。

アミノ酸はわりと効いたので続けていました。が、それでは追いつかなくなったということ…?

全てのアミノ酸がタンパク質になるわけではなく、筋肉のエネルギー源になったり、神経伝達物質になったり、疲労回復をサポートするなど、必要に応じて臨機応変に対応します。また、アミノ酸はタンパク質が分解された最終過程になっているため、吸収スピードが早く、わずか約30分で体内に吸収されます。 (中略) プロテインは、消化や吸収に時間がかかるものの、アミノ酸をバランスよく摂取できるというメリットがあります。筋肉の量を増やすなど、多くのタンパク質を摂取したいときに適しています。 出典:ヘルスケア大学

血中アミノ酸が不足するから筋肉のたんぱく質を使う、という構図からアミノ酸を飲んでいて効果もありました。が、筋肉量を増やすならプロテインなんですね。できればそれぞれメリットがある両方がベスト、なるほどなるほど!

気になったらすぐ試す!(笑)

ドラッグストアでも入手できて評判もよいザバス、タンパク質含有量が高くてコスパがよさそうなビーレジェンドも候補でしたが、やっぱりiHerbに落ち着きました(笑)。


プロテインは18gでまずまず、遺伝子組み換え牛成長ホルモン処理されていない牛由来の100%天然タンパク質と書いてあったのでiHerbでオーダーしました(そんなに気にしてないですが似たようなお値段なら、ってことで)。筋肉を増やすにはホエイプロテインだそうです(^-^)

シェイクは筋肉疲労が増しそうなので(笑)、毎日のジュースにいれる作戦。よって味なしをチョイス♪しばらく続けてレポしまーす!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
初めてiHerbの方は割引クーポン使えます♪ >>> SHR314

iHerbリピーターは活用すべし! >>> 週替わりスペシャルセール 

3段階のテストを経た品質保証 >>> iHerbのハウスブランド
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by そこホリ管理人 at 03:40| ステロイド剤対策備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス