2016年03月01日

Doctor's Bestのギンコに再挑戦♪

一年ほど前に高眼圧対策で飲んでいたギンコのサプリメントをまた飲み始めることにしました。


当時はまだプレドニンを服用していなくて、たびたび高眼圧発作を起こして救急に入って点滴したりしていました。と、サプリでどうにかできる範囲を超えていたため効果は不明です。

が、血流に影響はあったと思います。月経中は控えるよう注意書きしているサイトもあるように、経血がサラサラで量もかなり多くなりました。貧血になったら困るので前後は飲まないことにしたくらいでしたので、症状が落ち着いている今なら効果も出るように思っています(^-^)

もっともらしく書いたけれど、外科手術で眼圧が下がってからギンコの存在は完全に忘れていました(笑)。

iHerbのウィッシュリスト(お気に入り)を整理していたらギンコがぱっと目に入り、瞬時にいろんなことがつながって「あ、これかも」ってピンときました。


直近の診察で少し眼圧が上がってた。
それで出された点眼がやけに気持ちいいんよね。
正常眼圧でもいつも腫れぼったい感じがあった。
それがすっきりする感じ。
少し見えやすくもなる。
サイキックが脳かもって言ってたなぁ。
目と脳って密接なんだよね。
ギンコって高眼圧と脳にいいんだっけ。
毛細血管も拡張するんだよね。
たしか腎臓にもよかったはず。


ギンコの画像を見た一瞬でこれだけのことを考え、指にぴぴっと指令がいってポチっと注文(笑)。経血の変化を考えると、症状が落ち着いてる今なら何か効果があるかもって思っています。

改めて調べてみるとイチョウの生命力ってすごいんですねー!地球に出現したのは古生代(2億5千万年前)、被爆した広島でも一番に再生したと書かれています。抜粋してご紹介するページ、とても面白かったです(^-^)


フラボノイドとギンコライド
 フラボノイドはすべての植物が保有する色素で、活性酸素を消去・抑制する作用が非常に強いSOD物質である。植物体では、直接には、紫外線を吸収して内部組織を保護し、ウイルスの侵食を防いでいる。同時に根本的な作用として、強い紫外線が生みだした活性酸素を、瞬時に消去する。その営みを完璧に遂行することで、イチョウは老化を防ぎ、若々しさを維持している。
 すべての植物はフラボノイドを有するが、たいてい一種類だけである。ところが、イチョウ葉には30種類以上ものフラボノイドが存在する。しかも、二重結合の構造のものが4種類もある。この点が、他の植物とは、きわだって違う。二重結合は、普通のフラボノイドに比べて血行促進効果が数倍も強い。

 もう一つの、特有成分であるギンコライドも、その劇的で、広範な効用から、活性酸素を消去する作用にかかわっていると考えられている。この物質は人体に入ると、毛細血管を拡張し、血行促進、血栓防止、血圧の調整、脳の血流量の増加、アレルギー改善、老廃物の排泄、などを、強く促進する。炎症も抑える。イチョウ葉のめざましい、血液・血管の創健作用は、直接にはギンコライドに由来する。  :活性酸素を撃つ!!より抜粋


テレビの影響かギンコは頭すっきりボケ防止アイテム的なポジションですが、主だった効果は

SOD様作用(活性酸素消去)
血管・血流改善
抗炎症・抗アレルギー

の3つ。全身に張り巡らされた血管に働くということは、脳だけでなく臓器や皮膚など全身くまなくよい影響があるはず♪すごいなー、ギンコもスーパーフード・クラスですね!すっかり忘れていてごめんなさい(笑)。余談ですがそこホリは炒り銀杏が大好き、味もペリドットみたいなきれいな色も。子供の頃は「鼻血出るわよっ!」ってよく怒られたっけ(^-^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
初めてiHerbの方は割引クーポン使えます♪ >>> SHR314

iHerbリピーターは活用すべし! >>> 週替わりスペシャルセール 

3段階のテストを経た品質保証 >>> iHerbのハウスブランド
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







posted by そこホリ管理人 at 18:46| 失明クライシス1stシーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする