2016年03月02日

目の炎症が脳と関係あるとかないとか。

ギンコ・サプリメントのリピート記事で「(炎症の原因は)目じゃなくて脳かもしれないとサイキックに言われた」という謎発言をしました。サイキックというのは視えたり聞こえたりする、いわゆる能力者のことです。

ある日、いつも通る道に新しい立て看板が出ていました。「占」と大きく書いてある怪しくも堂々とした看板です(笑)。タロット占いみたいな店ができたんかなと素通りしてたのですが、その佇まいがどうにも気になって悩みもないのにとうとう入ってしまいました(*´▽`*)

看板に偽りあり(笑)!占いじゃなくて視える方のお店でした。悩みはないんですけど聞いてみたいことがたくさんあります、とスピリチュアルトークみたいな感じのセッションをお願いしました。

最終的には「ああ、これを聞くために呼ばれたんだな」って腑に落ちました。が、長いのでそれはまたいつか(^-^)



時間があまったので目のことを聞いてみました。ほぼ諦観していて聞くつもりはなかったんですけどね、せっかくだから。そのとき飛び出したのが「脳」という考えてもいなかった部位の話(お肉か!w)。

その方は例えば腫瘍とか相手の不具合を体感できるそうで、「目は確かに少し熱い、でも重大なものだったらもっとはっきり痛みを感じるから原因はそこじゃないと思う」という見解。ご自身のMRI経験から、意外に脳だった!なんてこともあるんですよ〜って。

目は脳の出張器官みたいなものっていうのは俄か知識で知っていましたが、頭痛がしたのは発作のときだけで他にそれらしい自覚症状もありません。その方も脳だと断定はしなかったので「そうですね、気が向いたら検査もいいですね^^」くらいで聞き流していました。

そこからのギンコ!です。



存在すら忘れていたというのに、iHerbのリストの中で見落とせないくらい光っててなぜか注文してしまった(笑)。相変わらず脳に原因があるとは思えないものの、活性酸素消去と抗酸化は炎症による目の混濁を防ぐにも願ったり叶ったり。また飲んでみよう♪と思ったのでした(^-^)

そしてお約束のダウジング・チェック♪いままで症状の原因については確認したことがなかったんですが、ついでにいろいろダウジングしてみました。

まず、ギンコは注文して正解だったようです(^^♪目や頭皮がいつもぼわーっと腫れているような感覚と微妙な高眼圧血行不良・うっ血みたいなものだからギンコは悪くない、と。目のどこが圧迫されているのか確認すると、目ではなく脳の血管が少々損傷した影響だっていうんです。


なにかトンデモ話になってきたけれど、原因不明なのは事実だから脳でも足でもこの際結構!(笑)このまま続行しまーす!


扁桃体だっていうんですが、いったい脳のどこなんでしょう^^;要は目をなんやかんやしたところで…ということのようでした。

そして、炎症も自己免疫のせいではないという信じがたい答えが出ました。プレドニンがあれだけ効いたんだから免疫でしょ?って感じなんですが、うっ血で酸化して炎症のようになった。プレドニンは体の機能そのものを本来の状態からリセットするので一旦小康状態になった、みたいな。

ほんまかいな (。-_-。)

自己免疫ではないとはいっても、発症時に全能の臓器・副腎がかなりやられていたらしく、免疫や自律神経がよい状態ではなかったところに血管損傷がきて、酸化に拍車をかけた。いろいろ重なっちゃったね的なダウジング結果でした。

「ダウジングで得た結果を信じよう!」とエラソーなことを書いておきながらナンですが、

10%ほど信じられません(笑)。

とりあえず、ギンコいいね!って感じでしたし、全身の血流がよい状態になればプレドニン副作用のリカバリも順調になるはず。これは好ましいことなんでしばらく続けてみようと思っています( ´ ▽ ` )ノ

酸化と炎症の関係、扁桃体、気になるので調べてみます☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
初めてiHerbの方は割引クーポン使えます♪ >>> SHR314

iHerbリピーターは活用すべし! >>> 週替わりスペシャルセール 

3段階のテストを経た品質保証 >>> iHerbのハウスブランド
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


posted by そこホリ管理人 at 03:30| 失明クライシス1stシーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス