2016年03月05日

【扁桃体】傷の修復に効果的なもの、ビタミンD。

リン脂質アミノ酸ときて、最後はビタミンDです。いってみましょー(^^)/

紫外線を受けることで生成され、カルシウムとリンの吸収を手伝って骨を丈夫にしたり、遺伝子の働きを調節するビタミンD。脳ではどんな働きをするのでしょうか?

脳ではビタミンD3を働き者の活性型ビタミンD3に変えることができます。そしてその活性型ビタミンD3は脳の中で神経細胞の保護や増殖・分化の調節を行っていることがわかってきています。 出典:オーソモレキュラーjp


神経細胞の増殖!

これは傷ついた扁桃体の修復に絶対必要な感じ、脳で活性型ビタミンD3に変化する点がポイントですね。なお脂溶性のビタミンDは血液脳関門を通過、脳に入れる数少ない栄養素でもあります。←重要


ビタミンDは脳内で、活性酸素の働きを抑えて、神経細胞を保護する働きもあります。これによって、海馬の損傷を防ぎ、アルツハイマー病やパーキンソン病などを防ぐ効果も期待できます。 出典:目からウロコの健康常識



抗酸化って意外なんですけど。



これまで、ビタミンDといえば腸でカルシウムの吸収を助け骨の健康を支えるのに必要な栄養素、という認識程度であったが、近年、いたるところの細胞組織に直接影響を与えるホルモンのような働きをし、生命機能に欠かせない栄養素であることが分かっている。 (中略)


活性型ビタミンDが脳の様々な働き、特に行動にかかわる働きに直接影響を持っており、情緒や睡眠のコントロールをするセロトニンの合成にも関わっている。また、強力な抗酸化作用と解毒作用を持つグルタチオン(アミノ酸の一種)の合成と働きにビタミンDが関わることで、脳神経に悪影響を及ぼす水銀など重金属の排出を促す。 出典:Big Smile



細胞修復!

抗酸化!

デトックス!



ビタミンDって地味だけどスゴイ。



セキュリティシステム、血液脳関門を通れるからこそ脳で働ける。これは大注目ですねー。書いてある通り、カルシウムと一緒にとるものとしか思っていませんでした(ステロイド複葉で骨粗しょう症を学習)。


ビタミンDがガン細胞の増殖を抑制する研究報告も多く、自由診療のクリニックや分子整合栄養医学(オーソモレキュラー)で活用されているようです。ダウジングで扁桃体というキーワードを得てから数々の文献と自分の発症時を照らし合わせ、扁桃体に傷があると仮定したそこホリ。


細胞増殖という言葉に期待が高まります(^_-)-☆


Thorne Research, ビタミンD, 1 fl oz (30 ml)

Thorne Research, ビタミンD, 1 fl oz (30 ml)


サプリメントでおなかいっぱいになっちゃいそうなので、Dはリキッドも検討!メディカルグレードのThorne Researchが気になっています。iHerbのビタミンDページはカルシウムとセットになっていないD3単体も豊富です♪



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初めてiHerbの方は割引クーポン使えます♪ >>> SHR314

iHerbリピーターは活用すべし! >>> 週替わりスペシャルセール 

3段階のテストを経た品質保証 >>> iHerbのハウスブランド
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by そこホリ管理人 at 03:14| 失明クライシス2ndシーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス