2016年03月15日

【ステロイド剤副作用】糖尿病だけでなく低血糖にも注意です。

一時、朝起きるとものすごくのどが渇いていて、コップ2杯のお水を一気飲み!の時期がありました。自覚症状はかなり改善していたのですが、念のためでステロイド性糖尿病の検査をした結果がこちら。

M4940001.JPG

▽がついていますが正常な範囲という診断で安心しました。血糖値なんて気にしたこともなかったけど、60mg/dL以下、自覚症状がある70mg/dL以下が低血糖のようですね。血液採取はランチ後なのに正常値ぎりぎりっていうのが気にかかって調べてみると、思い当たることが2つ。


ステロイド内服中の患者さんで原因不明の低血圧や低血糖を見た時には副腎機能低下を起こしていないか、注意をしましょう。 出典:研修医.com

予定よりも激しい運動や長時間の運動をした(運動中や運動後、または時間をおいて運動した日の夜間や翌朝に起こりやすくなります) 出典:低血糖になったら


副腎不全まで行くと意識障害や死に至ることもあって事件レベルですが、少量とはいえずっと服用していたら機能が低下するくらいのことは可能性があります。←夏休みボケ的な(笑)

そして「激しい運動」、今回はこの影響もあるかなと思いました。検査の前日・前々日と肉体労働をしたのです。筋力がなくなっているので無理したくなかったのですが、廃業する店舗さんからいろいろ譲り受けることになってやむなく。2日間で大改装クラスの作業をせざるを得なくって。

筋肉痛なんてもんじゃなく、責め苦かっていうくらい痛いし、眠れないくらい体が熱持ってるし^^;

大げさに聞こえるかもしれませんが、あんな体の状態は生まれて初めて体験しました。店が素敵になって気持ちは大満足なんですが、やはり無理はいけないなーと思った記事をひとつ(^-^)ステロイド剤の長期間使用していた方が抜歯後に卒倒した、急性副腎不全の記事です。こういっちゃなんですが、

ただの抜歯が引き金です。

副腎機能が低下して抗ストレスホルモンであるコルチゾールが不足していると、抜歯でさえ生体ストレスになるのですね。この方ほど副腎は弱ってないと思いますが、いろんなストレスに気を付けなくては!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
初めてiHerbの方は割引クーポン使えます♪ >>> SHR314

iHerbリピーターは活用すべし! >>> 週替わりスペシャルセール 

3段階のテストを経た品質保証 >>> iHerbのハウスブランド
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by そこホリ管理人 at 01:32| ステロイド剤対策備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする