2016年03月17日

【引き寄せ実話】必要なものは須らく手に入る(1)。

独立起業したいのに踏み出せない、そんな方にはぜひ読んでほしいなと思います。起業志望でなくとも恐れは誰にでもあるものです。そんなにうまくいくわけがない!という気持ちが手放せない方のお役に立てば幸いです(^-^)

あなたが真に欲したもの

というか

あなたの旅に不可欠なもの

は必ず手に入ります。だから踏み出す恐れも先の心配もいりません。そこホリ、ここまでやってきて「よく言うあれって本当だったんだ」って何度も何度も思ってます。皆さんも地球に住んでいて、同じ宇宙の法則の中で生きているのですから、そこホリ同様に大丈夫です(^-^)

多くの方のリアリティに引っかかるよう、大小かかわらず色々綴っていきますね。




いつか自分の店を持ちたいなと思った。

失明するかもしれないと言われて当然諦めかけました(というより、それどころじゃなくなった)。が、この体で迷惑かけずに働く道は自営かオーナーしかないんじゃない?と気づいた途端、2年探してひとつもピンとこなかったのに、いきなり理想の物件が見つかりました。


希望よりずっと高かった家賃。

数か月まったく働けず、検査や治療の費用で開業資金をかなり食いつぶしていました。でも、これ以上ないくらい理想の場所です。不動産屋さんが「何とか払えそうなのはいくら?」と聞くので素直に答えたら、そのとおりの家賃で決めてきてくれて、手持ちで足りる初期費用で借りられることになりました。


審査、通るのかな。

半年近く休業していたため収入証明の金額もそれなり、親も高齢です。そんな書類で人気物件の審査が通るのか?と思いましたが、「ああ、要らない要らない」とサインだけで契約完了。呆気にとられてしまいました。


内装っていくらかかるんだろう。

スケルトン物件は頭になかったし、一週間のスピード契約だったもので予備知識まるでなし。とりあえず一括見積もりサイトに投稿して相場を知ろうと思いました。軒並みウン百万円の中、「工夫して予算内でなんとかしましょう」という天使のような業者さんがいました。とはいえ限度があるのでドア施工は先延ばしにして、削って削って、残金ちょっきりで内装できることに!一文無し確定ですが(笑)、他社の1/3の金額で済みました。


とりあえず生活費がいるよね。

内装の手付金は50%、まだ一文無しではないにしても内装開始までの期間も無駄にできません。売るものは山ほどあるけど什器なんてないし買えない。ふと、いつか売ろうと思って自宅保管していた棚とベッドのことを思い出し手運び込みました。どう考えてもおかしな様子の謎ショップですが今ではいい思い出です(笑)。



こうするのだ!っていう決意。
ちょっぴりの勇気と工夫。
信じる心。

私たちが持つべきはこれだけです。あとは、


仕組まれたようにミラクルなことが、
台本があるかのようにスムーズに、
絶妙なタイミングとキャスティングで、

現実に現れます☆


(2)に続きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
初めてiHerbの方は割引クーポン使えます♪ >>> SHR314

iHerbリピーターは活用すべし! >>> 週替わりスペシャルセール 

3段階のテストを経た品質保証 >>> iHerbのハウスブランド
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by そこホリ管理人 at 05:48| ちょいスピ・シンクロニシティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする