2016年05月18日

日本酒風呂の美肌効果♪

頭痛に歯痛に膝痛に、これはおかしいと思って浸かった酒風呂で吹き出物も収まってきました。やはり、日本酒には美肌効果もあるのかもしれませんね!

あまり肌トラブルがないそこホリ。決着したあたりからボコボコブツブツ出始めましたし、場所も顔だけなので精神的デトックスだと思っています。3年にわたる案件ですもの、それなりにしつこい(笑)。なかなか収まりませんでした。

が、日本酒風呂に入った翌日、ぽろりと皮が取れた感じがしました。ニキビが乾燥したときみたいな。

5分くらいの腰湯で血行がよくなって毛穴が開いたとは思えません。なにか肌によい成分があるのでは?と調べてみました。


日本酒には、体の外からも血行をよくする働きがあります。昔の女中さんは、冬の寒い日に手のあかぎれや、肌荒れに飲み残しの日本酒をつけて手当てしていたということもあるようです。なので、冷え性に悩んでいる方には日本酒風呂はとくにおすすめです。


また、日本酒には多くのアミノ酸やビタミン、ミネラルを豊富に含んでいます。とくにアミノ酸には、シミやそばかすをとる働きがあるといわれていて、ニキビ跡を早く治してくれる効果もあります。さらに保湿成分としての効果も非常に高いです。 出典:日本酒風呂とハーバルバス



あかぎれやニキビ跡にもよいんですね!ぽろっと取れたのはこれかもしれません。



ぬかには肌をしっとりさせる効果があります。これは、オリザブランという水溶性の成分によることが最近の研究で明らかになってきました。オリザブランとは、ブドウ糖や果糖などの糖類が4万以上も組み合わさった多糖類という物質です。保湿力が高く、一般的な保水剤などに含まれている尿素よりも水分を多く保持できるという実験結果も出ています。


米ぬかを含んだ日本酒を肌につけると、このオリザブランがとけ出して肌の表面にある角質をしっとりさせ、肌荒れをしずめるのです。また、酒のアルコールは皮膚の血管を広げ、血行をよくしてくれます。 出典:自分で治す健康大百科「ベジタス」



尿素より高い保湿力と角質軟化、これでブツブツガサガサが収まったのでしょうか♪そして、外からつけるだけでも血行がよくなるのは知りませんでした。



日本酒には美容効果のある有効成分が、なんと100種類以上もあるとされているのです。日本酒を造る蔵人さんの手は白くて綺麗だという事は有名ですが、これは米麹(こめこうじ)を造るのに必要な麹菌(こうじきん)に、以下の作用が期待できるからです。


  • 細胞の老化を防ぐ作用
  • 保湿作用
  • 活性化作用
  • メラニン色素の生成を抑える働き

飲む以外に、肌に塗ることでも美白効果が期待できます。 出典:冷え性改善や美肌効果まで!日本酒がもたらす美容・健康活用法



日本酒って飲むよりつけるほうがいいのでは?と思ってしまいますね(笑)。日本酒化粧水、精製水で割るだけなので今日から使ってみようと思います(^-^)


副原料なし、醸造アルコールの代わりに天然水を足した米と米麹だけのお酒。スキンケアにはこのくらいシンプルなものがよいかもしれません☆というか、


これそのままで日本酒化粧水??


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初めてiHerbの方は割引クーポン使えます♪ >>> SHR314

iHerbリピーターは活用すべし! >>> 週替わりスペシャルセール 

3段階のテストを経た品質保証 >>> iHerbのハウスブランド
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


posted by そこホリ管理人 at 22:22| お風呂・くらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする