2016年10月02日

読み返してびっくり!

寝ようと思ったのですが、びっくりした勢いでそのまま書きます(笑)。

リンクするために以前の記事を読み返していたら、こんなことが書いてありました。


目や頭皮がいつもぼわーっと腫れているような感覚と微妙な高眼圧血行不良・うっ血みたいなものだからギンコは悪くない、と。目のどこが圧迫されているのか確認すると、目ではなく脳の血管が少々損傷した影響だっていうんです。 (中略)

そして、炎症も自己免疫のせいではないという信じがたい答えが出ました。プレドニンがあれだけ効いたんだから免疫でしょ?って感じなんですが、うっ血で酸化して炎症のようになった。プレドニンは体の機能そのものを本来の状態からリセットするので一旦小康状態になった、みたいな。


本当に原因不明なのか、原因があったなら何なのかを、もののついででセルフ・ダウジングしたときの覚書です。


これ、どこかで聞いたような (・・?


中医さんが言ってたまま…じゃない…?


ひよおおおおおおおおお〜!


大学病院の専門外来も定期健診だけになり、頭打ち。紹介した人が全員治ってるから、と教えていただいた中医学の診療所を訪ねたときの診断が、

血熱

だったのです。熱血ではありません(笑)。血液の温度が高すぎると血管が腫れ始め、流れが悪くなって炎症になる、と。これってうっ血ですよね(中医学ではオ血の一種とするようですが)。浮腫は水分じゃなくて血管そのものだったと知って、目から鱗が落ちました。


ダウジング、すごい…
そこホリも、すごい…(笑)


読み返していて、鳥肌立っちゃいました。似た症状の方のために経緯はいずれ詳しく書きたいと思っていますが、夜が明けてしまうのでおやすみなさい☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
初めてiHerbの方は割引クーポン使えます♪ >>> SHR314

iHerbリピーターは活用すべし! >>> 週替わりスペシャルセール 

3段階のテストを経た品質保証 >>> iHerbのハウスブランド
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

posted by そこホリ管理人 at 04:52| ちょいスピ・シンクロニシティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする