2016年10月12日

漢方薬レポート、2か月後。

合格ラインの結果が得られたようで、2回目の受診からは桃核承気湯が日に1包になりました(ほっ)。それでもお腹を下しますが、飲んだ後だけなので3包のときよりずっと楽です(^-^)

1包を約1か月続けて、3回目の受診です。「うん、うんうん。いい感じですね^^」と脈診・触診。今回は着替えを渡されて新しい展開!

もしかして鍼かなっ(*´艸`*)

なぜウフフな反応なのかといいますと、すっかり親しくなったこの御仁が数か月前から「鍼じゃないかなー、鍼で治るような気がするんだよね」と度々口にしていたのです。

物は試しと地元の鍼灸院2か所に行ってみましたが、なんとなくピンとこなくて、そんなときにこの中医さんを紹介されたのでした。漢方がメインだと思っていたので、この展開にはウフフ!となってしまいました♪

鍼を打ったのは8か所くらいでごく普通、むしろ少ないくらいです。が、そのあとのマッサージが特殊というか、いままでに受けたことがない感覚。かなり痛いのに気持ちよくて眠ってしまいました(笑)。

「桃核承気湯であらかた出たから、残りは手技で剥がしていく」、次の段階に入ったみたいです。わーい!

先生はプラークと呼んでいましたが、漢方だけでは出し切れなかった症状を引き起こすもの。これを手でほぐして出やすくするのだそうです。あれだけ痛ければ出ること間違いなし(笑)。


★内臓
肋骨にちゃんと収まるくらいに腫れが引いてきた。子宮も状態がよくなってきたとのこと。肝臓のお話が興味深かったので、別途記事にしようと思います。2年ほど前、男性並みに肝臓が大きいと言われたことがあって、いいことだと思い込んでたんです。たくさん処理できる♪みたいな。腫れてただけでした(笑)。

★掌蹠膿疱症
手のひらはすっかりきれいになりました!足の裏も少しずつよくなってます。

★足裏の骨
慣れて痛みはなくなりました。

★手のこわばり
ほとんど気にならなくなりました。

★お酒に酔う
どちらかといえば強いほうだったそこホリ。最近2杯くらいで回ってしまうのは、肝臓が健康になってきた証拠だそうです。これは知らなかった、びっくり!

★湿疹
横腹や首など狭い範囲で湿疹が出ました。先生はノーコメントだったので重要ではないのかも。帯状疱疹は治療しないと治らない、自然に治ったなら違うよーとのこと。

★はらまき
体を温めてはいけないと伺ったものの、急に冷え込んできたので一応聞いてみました。「そこホリさんは要らないよー(笑)」。体質がそうだということもありますが、肝臓は冷えてるほうがいい臓器だからだとか。


2週間くらい、かなり長い期間、眠くてだるくて起きれない感じが続いています。明らかに体は良い方向へシフトしているのになぜ?下痢で疲労(笑)?まだ続くようなら先生に相談しようと思ってますが、たぶん、急激な変化のせいだろうと思います。

不健康/健康、方向がどちらであろうと、体にとっては変化でしかないじゃないですか?1か月であんなに変わったら、負担もかかりますよねー^^;

このだるさもきっかけで、桃核承気湯1包になってからサプリメントを再開!血管や内臓が正常になりつつあるなら、いままでより吸収もよくなるはず♪


※漢方は体質の見立てが大事です。中医さんに尋ねましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
モノコト交換しませんか♪ そこホリのあったらうれしい物リスト☆

初めてiHerbの方は割引クーポン使えます♪ >>> SHR314

iHerbリピーターは活用すべし! >>> 週替わりスペシャルセール 

3段階のテストを経た品質保証 >>> iHerbのハウスブランド
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by そこホリ管理人 at 03:53| 失明クライシス3rd-自己免疫疾患と漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス