2016年10月26日

目玉とコミュニケーションしてみた。-前編-

漢方を始めてから益々いい感じに戻ってきていたはずの体が、いきなり暴走しました。

み、見えない…(=_=)

「これでもう上がることは、まずありませんよ^^」と術後に医師が断言した眼圧が急上昇。漢方の先生も「炎症物質があらかた出ていきましたね」と太鼓判だったのに、炎症も爆発

2年かけてここまで持ち直したのに、奈落の底だった失明クライシス1STシーズンに逆戻り。

再発です…。

思い当たるトリガーはただ1つ、数日前の不条理な出来事。体自体は順調でしたので、感情や神経に起因しているとしか考えられません。ぶどう膜炎を発症することとなった2年前も、裏切りや失望など大きな不条理がありました。

そう、症状も経緯も完璧にリピートなのです。追体験といったりもしますが。奇しくも来週でジャスト2年。

なんの学びだっつーのよ。
同じ轍を踏むものか!
でもさっぱり意味がわからない。
悪化したら完全に全盲だし!

ここでカタをつけなければならないと感じて、「目 スピリチュアル」で検索してみたものの。

見たくないものがある

という、わかりきったことにしかヒットしません。それ、2年前にさんざん掘り下げましたので。楽しいムードで進んでいての、配役も全く異なる形での再体験ということは、別にまだ何かあるわけです。

たまたまヒットしたセラピールーム・アロママさんのブログの、「心と体からのメッセージを紐解く」というキャッチフレーズにピンときて、たまたま次の日だけ予約が空いていたので即・電話!アロママさんのオデコがきれいだったこともpointでした(笑)。

たまたまはとても大事なので繰り返してみました(笑)。

視野混濁で外出が厳しい状態なので、電話OKのボディ・リーディングを申し込みました。

そして当日。

アロママさんのナビゲートで、温度や色形など患部(症状)のエネルギーを感じていきます。結局生霊祓いになったヒプノセラピーのときもそうでしたが、実はこういうのがとても不得手^^;「△△…かな?」みたいな感じで答えていきました。

長いのでまとめますと、そのエネルギーは

ごつごつ固くて
トゲのような突起がある
藍色のアボカド的ななにか

でした。藍色のアボカドって我ながらうける(笑)。

どんな表情をしていますか〜?と聞かれて感じたのは、たぶんこんな顔でした。

( ̄へ ̄)

むーっと口を固く結んだ、不機嫌そうなおっさん?気に入らないことがあって腕組みしている、昔気質の職人みたいなイメージです。

半覚醒くらいの状態ではっきりは覚えていませんが、この「への字さん」と対話し、ヒーリングもして、どんな状態に変わったかを再チェック。

真っ先に感じたのは重さがなくなったこと。アボカドみたいなずっしり感はなくて、質感もカサカサさらさら砂っぽい。色もオイスターホワイトみたいな明るいグレーに変化していました。そう!軽石によく似た感じ!

(∂‿∂*)

トイ・ストーリーみたいなパチクリ顔をした、角が取れた軽石でした(笑)。これで一旦リーディングは終わり、アロママさんのまとめカウンセリングに入っていきました。

後編へつづく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
モノコト交換しませんか♪ そこホリのあったらうれしい物リスト☆

初めてiHerbの方は割引クーポン使えます♪ >>> SHR314

iHerbリピーターは活用すべし! >>> 週替わりスペシャルセール 

3段階のテストを経た品質保証 >>> iHerbのハウスブランド
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


posted by そこホリ管理人 at 18:18| ちょいスピ・シンクロニシティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする