2016年10月27日

病気や症状は身体からのメッセージ。

バカはなんとやら、骨折や盲腸炎くらいで病気らしい病気をしたことがなかったそこホリ。でも一度だけ、「身体は心を守るナイトなのだ」という体験をしました。

鬱やPTSDなど心の病気がカジュアルになる前で、スピリチュアルもまだオカルト扱いでごく一部の人だけのもの、とても肩身が狭かったのを覚えています。このときもまた原因不明であちこちたらいまわし、最終的には出社もできなくなり精神科まで行かされました(笑)。

でも、このときの出会いが素晴らしかった。

一人めは「そこホリさん、会社休職して好きなことやれば?しばらく手当ももらるんだし、別に困らないじゃないアハハ!( ´ ▽ ` )ノ」とのたまう、超ライトな心療内科医。

会社休むなんて悪!くらいに思ってたバリキャリでしたから、この人なに言っちゃってるの…?と思いました。が、明らかに体はおかしいし家にいても暇で、好きだった手芸を始めてみたんですね。

そのころ、今でいうヒーラーを紹介してくれた人がいました。不思議な人がいるから行ってみて!と。ひと通り体(エネルギー)を視て、わかる言葉で説明してくれました。

「自分に生きる価値なんてない。潜在意識がそう思ってるから、身体も栄養吸収しなくていいんだなーって思っちゃってるんですよ^^」。

なんの知識もない、当時のそこホリには衝撃の仕組みでした。が、食べたものが消化されない形で出てきてしまう。それなのに腹痛がまったくない。まさに、ただ食物が通り抜けているだでした。おまけに眠くもならない。納得するしかありませんでした。

心が壊れかけていることを、身体が先に壊れて知らせてくれていたんですね。

心の仰せのままに。
心がそう望むのなら。
心が助けを求めているから。
心が壊れる前に知らせねば。
心を守らなければ。

身を挺して、という言葉がそのまま当てはまるような気がして、忠誠を尽くす騎士のような捨て身さに涙が出ました。ちゃんと動いてるのが当たり前で、いままで気づかなくてごめんなさい!って。



さて、仕組みは理解したものの、そんな状態では外出できるわけもなく、手芸作品がどんどん溜まっていきました。落札専用だったヤフオクに出してみたら売れちゃったんですね。

気づいたら体も普通になっていて、退職願を出して 起業に向かっていました(笑)。


好きなことをやれ、適当でいいと教えてくれた心療内科医。体からのメッセージを読み解いてくれたヒーラー。このお二人のおかげで、

心と体はつながってるんだ!

と知ることができました。そうして、「気分が楽しいかどうか」が最重要事項で、好きに生きるそこホリができあがりました。

ま、今現在もぶどう膜炎をやらかしているなど、まだまだ転んだりしていますがね(笑)。


心やエネルギーは目に見えません。物質界にいる私たちにそれを知らせるには、現象で見せるしか方法がないのです。ですから病気やケガ、モノが壊れたり、あらゆる不自然な現象には必ずメッセージが含まれていると思ってます(^-^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
モノコト交換しませんか♪ そこホリのあったらうれしい物リスト☆

初めてiHerbの方は割引クーポン使えます♪ >>> SHR314

iHerbリピーターは活用すべし! >>> 週替わりスペシャルセール 

3段階のテストを経た品質保証 >>> iHerbのハウスブランド
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

posted by そこホリ管理人 at 03:53| 感じたことや調べたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス