2016年12月08日

参考になりそうな御本『血流がすべて解決する』。

血を増やす食べ物を調べていて、気になった本です。著者は出雲大社の表参道で90年も続く漢方薬局の薬剤師・堀江氏とのこと。すごいですねー!お時間ある方は読んでみるのもよいかもしれません(^-^)



紹介していたページが良くまとまっていたので、Career Supli.さんから抜粋でご紹介します。

しかし前提として血の量が十分でなければ、サラサラ血になったとしても体の不調は良くなりません。血流が原因の症状を改善するには、何よりもまず血の量を増やす、つまり血をドバドバにする必要があるのです。

まさに今のそこホリです!漢方を体験した今だからこそ納得できます。

1.気虚体質→血が作れない。
2.血虚体質→血が足りない。
3.気滞瘀血(おけつ)体質→血が流れない。

この分類でいくと、そこホリは3.瘀血→2.血虚に移行したところです。

中医さんの説明だと、ぶどう膜炎発症から初診までの流れはこんな感じ。

熱がこもりやすい体質なうえに、冷えているべき血液がなんらかの原因で熱を持ったせいでドロドロになった。毛細血管まで流れず、目や手足など体の先端に症状が出た。(詳細はプレドニンから漢方薬へ。

桃核承気湯を飲み始めてから卒業までの変化はこんな感じ。

血がサラサラになった。急に正常な流れになって、隅々まで行き渡るようになったために血液量が足りなくなった。(詳細は漢方薬レポート3.5か月後。

まさしく、血が足りてないからドバドバにしましょう!というタイミングでした(笑)。


初めてかもしれない耳鳴り。
なんだかまっすぐ歩けてない?
ショップの片づけくらいで息切れ。
成長期くらいお腹が減る。

いろいろな変な感じは血液が足りてないせいでした。脈診で血管を押してみるだけでわかっちゃうんですよー。

そこホリさんね、いま血管スカスカなの(笑)。
押したときパンパンな感じにしないとね♪

血を増やす食べ物や成分を調べたら、以前調べた 脳の修復に必要なもの とほぼ同じでした。


先生おすすめのアミノ酸と、もちろん【扁桃体】傷の修復に効果的なもの、ビタミンD。も続けます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
モノコト交換しませんか♪ そこホリのあったらうれしい物リスト☆

初めてiHerbの方は割引クーポン使えます♪ >>> SHR314

iHerbリピーターは活用すべし! >>> 週替わりスペシャルセール 

3段階のテストを経た品質保証 >>> iHerbのハウスブランド
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


posted by そこホリ管理人 at 23:08 | TrackBack(0) | 失明クライシス3rd-自己免疫疾患と漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス