2015年02月19日

年齢は手に出ますね、おすすめの手間なし・ナチュラルケア。

ここ数日、凍えそうに寒かったですねー!お店に届いた什器の組み立てやダンボールと格闘する毎日。はっと気づいたら、指の節がガサガサで軽いあかぎれのような状態になっていました。夢中で気づかなかった(*_*)

普段は「肌荒れ用、混ぜるだけ簡単クリーム」をフェイスのついでに手にも塗っています。高スペックなのに惜しみなく使えちゃうお値段。たっぷり作ってどこにでも、我が家の万能クリームです(^-^)

が、外出のときはふっと一息、リフレッシュできる香りのついたクリームを使いたいのでティアレ・フラワーのバターを持ち歩くことが多いです。ティアレは南国の花で華やかな香り。といってもジャスミンほどくどさがなく、甘さと爽やかさがちょうどいいから気に入ってます。香りが飛んだあとの残り香はパウダリーで少し青さがあり、赤ちゃんのような匂いがします。

ティアレ・バターのオススメポイントは「香りだけじゃない」ところ。しっとり保湿できてサラっとしているため、日常使いにもってこいなんです。たっぷりめに塗ったら、ダンボールの解体でガサガサになった指も大分落ち着きました♪買ったまま容器に移すだけでOKの柔らかさも重宝です。



フェイスケアのついでに万能クリーム、携帯はティアレ。そして、キッチンに「肌が飲むマカダミアナッツオイル」。これが私のハンドケアです(^-^)水仕事のとき、ささっと使えるように調味料と一緒に置いてます(笑)。なぜこれかといいますと、

・食べ物が原料、オーガニック
・調理に違和感のないナッツの微香
・浸透が早い
・バターより塗りやすい
・熱に強い、酸化しにくい
・そのまま使える

言ってみれば食用オイルを塗っているようなもので(笑)、食器に触れても安心。酸化しにくいマカダミアなら無造作に置いておけますので、キッチン・ユースにはうってつけなんです。キッチンには片手で使える100mlくらいの、フラップ蓋のボトルがおすすめです。2〜3滴出してパチンと蓋を閉めるだけの手軽さ優先(^-^)

オイルは「コマメに塗る」ためのチョイスです。手荒れがひどい方や水から守りたい方は、しっかりと留まるマカダミアナッツ・バターがいいと思います。容器の開け閉めがちょっと面倒ですがオイルと同じく酸化しにくく、ほどほどに柔らかいのでそのまま使えます♪


手荒れを速攻で治したいときのコツは、たっぷりめに塗ること。市販の合成されたハンドクリームと違って、自然の有効成分が豊富なオイルやバター。多めにとってもちゃんと全部浸透します。アライグマみたいにすりすり擦りこんでくださいね(^m^)
posted by そこホリ管理人 at 21:19| 植物油・植物バター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

ココナッツオイル愛用してます♪

すっかり我が家の定番となった、Nutivaオーガニックココナッツ・マンナ。こんな風に使ってます。

M2810004.JPG


・マーガリンの代わり
毎日トーストに塗っています。そのままでもすごく美味しいし、ハチミツをちょっぴり垂らすとおやつ感覚です(^-^)Nutivaしかわかりませんが香りが強すぎることなく、卵や野菜、ハムを乗せても違和感ないですよ。お気に入りはココナッツ+生ハチミツ+シナモンパウダーです。
・ココアやコーヒーに
油脂なのでミルク代わりになります、風味もよくてポーションミルクよりずっとヘルシー!うちは豆乳で味がさっぱりしがち、コクが出て美味しいです。
・スキンケアに
トーストやココアに入れたとき、ついでに手に塗ることがあります(ズボラすぎ・笑)。真面目なクリーム作りにも安心して使えます。栄養価が高く、24度くらいで溶けますのでお肌にばっちり。
・そのまま食べる
瓶を開けたついでにパクっとひと匙。健康のため!なんていう気持ちではなくて、美味しいから食べたくなってしまうのです。ふわーっと香りが広がって、口の中でゆっくり溶けて、ホワイトチョコを食べてるような感じです。
・お肉を焼くときに
和食が多いため調理での出番はあまりありませんが、シンプルなソテーにはよいです。ポークと相性がいいと思います♪

美味しいだけで「うふ♪」っとよい気分になりますし、お通じもよくなりますので(偏った食生活でなければ)かなりオススメしたいアイテムです(^-^)愛用しているからNutivaイチ押しだけど楽天でも見つけました。Dr.ブロナーってマジックソープのかしら?それはさておき、オーガニック、低温圧搾、未精製、フェアトレードで商品としてはよさそうです(お値段はiHerbの倍ですね^^;)。



期間限定らしいですが、こちらですとiHerbで購入するのと同じくらいのお値段です(*^-^*)

posted by そこホリ管理人 at 15:37| 植物油・植物バター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

【経過報告】ピーチスキンになれるかも?手作りココアバタークリーム♪

ファーストインプレッションが肌理が整う感じだった、ココアバターのホイップクリーム。1週間ほどフェイスにも使ってみたら、

お肌がピーチスキンっぽくなってきた(´艸`*)

塗ったすぐあともさらっとした感触で、むちむちに潤う感じとは少し違うのですが、ちゃんと保湿はできていてアブラが浮きにくいように思います。これは何かに似てるぞ…?と頬を触っていて「桃だ!ピーチスキン!」と思いました。細かな産毛がある、あの独特のすべすべ感とマットな質感にそっくりの手触り。気持ちよくてずっと触っちゃう(笑)。

M2730009.JPG

初めて使ったココアバター。オレイン酸が30%以上ということで、これだろうと目星をつけまして少し調べてみました。

人の肌の潤いを与える成分である皮脂の41%がオレイン酸、25 %がワックスエステル、16%が 皮脂酸、12%がスクワレン、その他5%となっています。皮脂膜のケアには、41%を占めるオレイン酸を使用すれば良いことになります。 引用元:初椿

なるほど、オレイン酸は皮脂の主成分なんですね。肌の健康を保つバリアでもある皮脂に近いことが、正常化に役立っていると思われます。その証拠に、肌のアブラ浮きを感じませんから♪

オレイン酸がニキビの原因になる、というネタも結構あるようですね。このクリームを使っての個人的感想では、そうかな?と疑問です。アクネ菌は脂が大好物だからというのがネタの根拠のようですが、そのアブラが出るどころかお肌さらさらです(40代でも皮脂は出ますからね・笑)。こちらの説に一票あげたいかなぁ。

ココアバターは皮膚をやわらかくするというのも、1週間で少し実感しています。本当に小さな、プツっとした吹き出物がいくつか出ましたが、角質が柔らかくなって毛穴が余分なものを出してる感じ。詰まって炎症を起こすのがニキビ、詰まらないならニキビにならないんじゃないでしょうか?これはもうちょっと続けないと分からないけど(^-^)

人体実験みたいで楽しいです、もっと顔が欲しい(笑)。ピーチスキンなクリームの作り方はこちらです☆


posted by そこホリ管理人 at 20:58| 植物油・植物バター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする