2014年12月07日

ココアバターはさらさらして気持ちよい。

精油を使うので香りが薄いほうがいい。


使用感も好き。

そういう理由でもっぱらシアバターを愛用していますが、というかシアバターしか使っていないですが(笑)、たまには違うものも試してみようとココアバターを買いました。精製・プライムプレス・オーガニックのプライムプレス・オーガニック未精製、種類が多くて迷っちゃう^^;


オーガニックで低温圧搾、成分が残る程度に濾してある。いいとこどりな感じが気に入って、これにしました♪

パウチを開封すると本物のチョコみたいな香り!かすかな酸味がある、まぎれもなくカカオ成分の特徴だと思います。くんくん嗅いで少し温度が上がると甘いチョコレートの香り広がりました。甘いといっても合成の甘ったるさとは違うし、2年も保ちますから使い切れそうです♪

固いけど、プラスチックのスパチュラで軽く削れる程度。別にストレスに感じません。少し削って手に伸ばしてみると…

ん?さらさらする!?

保湿効果がとても高いと聞いていたので意外な使用感、もっと濃厚なしっとり系だと思っていました。いえ、しっとりはしているんですが、肌がさらさらしてパウダリーな感じになります。シアバターと全然違う、植物バターの面白さにハマりそう(^-^)



ココアバターの効果効能

利尿作用、刺激作用、呼吸器系の不調改善、皮膚軟化作用、保湿作用など

皮膚を柔らかくする
ココアバターには皮膚を柔らかくする作用があります。角質を落としやすくし、ニキビや吹き出物をできにくくしてくれます。

乾燥から皮膚を守る
ココアバターは保湿効果も抜群です。30%以上の割合で含まれるオレイン酸が、皮脂の蒸発を防ぎ、乾燥を予防してくれます。

ココアの香りでリラックス
ココアバターはカカオ特有のチョコレートの香りがほんのりします。心地よいと感じられる場合は、リラックス効果があるので、マッサージをすると相乗効果が得られます。

引用元:timeless edition


posted by そこホリ管理人 at 21:45| 植物油・植物バター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

これは当たり♪肌が飲むマカダミアナッツオイル。

精油の香りを損ないたくないため、ほぼ無臭のホホバオイルを愛用しています。

でも有効成分たっぷりの植物オイルってたくさんある、たまには違うオイルも使ってみようかと注文したのがこちら。低温圧搾で未精製でオーガニックのマカダミアナッツオイル、栄養ありそうだなと思いまして(^-^)ほんのり甘いナッツ臭ありますが、ホホバ同様かなり酸化しにくいオイルです。ズボラですから重要なポイントです(笑)。



マカダミアナッツオイルは浸透性に優れるとは聞いていたけれど、以前どこかでサンプルをもらったマカダミアの比じゃない!数滴落としてくるくるっと伸ばしただけで、見事に消えました


M2690011.JPG

M2690016.JPG


肌に似た成分を含むホホバも浸透性がよく、全身1本で済むテクスチャーの軽さが気に入ってますが、このマカダミアナッツオイルもさらさらとすごく軽い。これを塗ってから化粧水をつけると肌がもっちりします。ブースターとして定番の仲間入りかな(^-^)

マカダミアナッツオイルの効果効能

保湿作用、皮膚軟化作用、創傷治癒作用、鎮静作用、緩下作用、老化防止作用など


・滋養を与えアンチエイジングに

マカダミアナッツオイルは、色々な角度からみてアンチエイジングに優れたオイルです。まず前述した、「若さの脂肪酸」とも言われるパルミトレイン酸をどのオイルよりも多く含むためです。パルミトレイン酸は若者の皮脂に多く含まれ、加齢とともに減少します。また、高い抗酸化作用を持っていて、栄養素も豊富。それらを素早く浸透させる性質があります。

引用元:timless edition
posted by そこホリ管理人 at 02:27| 植物油・植物バター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

芳香重視ならホホバオイル。

芳香重視なら…と書きましたが、汎用性の高い万能すぎるオイルです。これだけでいいと言っても過言ではないくらいに。ホホバが大好きでいろいろ試しているので個別レビューしていくつもりですが、まず、アロマテラピー(芳香療法)に適したキャリアオイルということで、精製ホホバオイルをピックアップしておきますね(^-^)


天然のオイルは少なからず原料臭があるものです。ナッツ系オイルならふわっとナッツの香りがあります。精油をブレンドするならば、できるだけ無臭に近いオイルを使いたいですよね。たくさんあるキャリアオイルの中で、原料臭がほとんどしないのがホホバオイルです。

また、ホホバオイルはオイルと呼ばれていても、その実ワックスであるため、大変酸化しにくい特性があります。=香りが変質しにくい、ということでブレンドに向いていると思います。

そしてホホバオイルでもゴールデンと呼ばれる黄金色のものや、RAWに近い未精製ほど植物の有効成分が多く残っています。が、同時に植物本来の香りも残っていますので、精油のブレンドと割り切るなら精製された透明のホホバオイルをおすすめします。精製されていても十分肌は潤いますよ!

いろんな魅力はまた−☆
posted by そこホリ管理人 at 06:09| 植物油・植物バター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする