2016年01月27日

【iHerb】飲みやすいJarrowのホエイプロテイン。

初めて飲むプロテイン。そもそも機能性食品みたいなものが好きではなくて、どんなものかと少し不安でしたがJarrowのホエイプロテインは飲みやすい。のかもしれません(他を知らないので…)。

M4570028.JPG

言うなれば 溶けにくいうっすいクリープ です(笑)。


そこホリが子供の頃はカフェオレなんていうものが存在せず、やっとスジャータ(ポーションミルク)が出てきたあたり。コーヒーに入れるミルクといえば粉のクリープでした。いま思えば割とミルク臭かったような(^−^)その記憶と比べると風味は相当あっさりライト、なんとなくミルクっぽい?かな?と感じるくらいのものです。

<コーヒー>
コーヒーが勝ちます。ブラックよりは苦くない、みたいな。このくらいの薄いミルク感なら、ずっとリピしているルイボスティーでも合うかもしれません。濃いめに淹れて後で試してみようっと♪余談ですが、この徳用サイズのルイボスティのコスパは素晴らしいです♪ほぼ毎日1リットル以上飲んで、お裾分けもして、半年くらいもちました。しかも美味しい♪


<フレッシュジュース>
毎日続けている、クコの実+リンゴかバナナのジュースに入れても違和感なし。ミキサーを使うとダマにはナリマセンが、入れすぎると少し粉っぽくなるので量は控えめで適当に(^-^)

<コーンポタージュ>
粉末のインスタントです(笑)。少しダマになるけど味的にはおいしく摂れますよ。バナナやチョコ味のプロテインなんかより、こういうの出せばいいのにー。ミキサーで作る本格ポタージュならなめらかにできそう!

<調理編>
カレーやリゾットなど乳製品を使う料理ならなんでも合いそう。パンケーキは作る習慣があれば、ですね☆


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
初めてiHerbの方は割引クーポン使えます♪ >>> SHR314

iHerbリピーターは活用すべし! >>> 週替わりスペシャルセール 

3段階のテストを経た品質保証 >>> iHerbのハウスブランド
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


posted by そこホリ管理人 at 19:22| ステロイド剤対策備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ステロイド対策】筋力低下にプロテイン、摂取量編その2。

その1では一日の体重から割り出す取量量を調べました。今回は厚生労働省が発表している「日本人の食事摂取基準(2015年版)」からの抜粋です。出典:栄養成分ナビゲーター

30〜49(歳)女性の推奨量は50g/日、体重換算よりちょっと少なめです。

が、そこホリの場合はステロイド長期投与で筋肉のリカバリが間に合ってない状態(と思われる)、健常体ではないです。ということで付加量に注目(^−^)妊婦さんの付加量のMAX値は+25g/日とありました。日に75gくらい、多くても90gまでが安心なのかなと推測しました。


75gとすると添付スプーンで4杯ですが摂りすぎはNGです。食事でとれるタンパク質の目安をざっくり調べますと、お肉100gでタンパク質20g前後で、スプーン1杯分(タンパク質18g)に相当するようでした。出典:食品のたんぱく質の含有量一覧表

100gは鶏肉ささみだと2本分くらいのボリューム、けっこう食事で摂れちゃいそうな?玉子も2個くらいでスプーン1杯相当でした。こうしてカウントすれば摂りすぎないで済みそう(^−^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
初めてiHerbの方は割引クーポン使えます♪ >>> SHR314

iHerbリピーターは活用すべし! >>> 週替わりスペシャルセール 

3段階のテストを経た品質保証 >>> iHerbのハウスブランド
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



posted by そこホリ管理人 at 18:29| ステロイド剤対策備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

【ステロイド対策】筋力低下にプロテイン、酸化に気をつける編。

プロテイン過剰摂取の注意点は内臓のオーバーワーク、腸内環境の悪化、カルシウム消費の3つでした。詳しくはこちら☆そのカルシウム不足に陥る仕組みを貼っておこうと思います(^-^)

動物性たんぱく質が体内で酸性物質を大量に生じさせることはご存じだと思います。動物性たんぱく質が非常に多い牛乳や乳製品を過剰に摂取すると、骨からカルシウムが溶け出す「脱灰」が促進されます。たんぱく質代謝の過程で生じる尿酸や硫酸のために、血液を大きく酸性に傾けてしまい、それを中和するのにカルシウムが動員されてしまうのです。 出典:http://chirotic.exblog.jp/24206086/

酸化してしまうわけですね!

ということは、適量を守ることが一番大事。次にカルシウムを補う、酸化防止を心がける。この3つをしっかりと記憶、ですね!

カルシウムのことをピックアップしているのは、プレドニンの大量投与を経験した方が読んでらっしゃると思うからです(^-^)骨粗しょう症予防のために、プレドニンと一緒に骨を守るお薬も飲んでいましたよね。卒業していてもカルシウムが流出しないよう、気を付けるに越したことありません。

プロテインは適量、あとは食事で。

このスタンスがいいように思っています。リンクしたブログに食品のことが書いてありますのでご参考に。最近、納豆がおいしくてたまらない。体が要求してるのかしら。そこホリはクコの実をジュースにいれて抗酸化対策してまーす( ´ ▽ ` )ノ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
初めてiHerbの方は割引クーポン使えます♪ >>> SHR314

iHerbリピーターは活用すべし! >>> 週替わりスペシャルセール 

3段階のテストを経た品質保証 >>> iHerbのハウスブランド
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


続きを読む
posted by そこホリ管理人 at 01:19| ステロイド剤対策備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス